HSL-44
Wings
対潜魚雷に跨りペンギン対艦ミサイルとサーベルを振りかざして 雄たけびをあげるスワンプ・フォックス。スワンプフォックスは、沼地に住む毛の赤い狐、狐には 賢く狡猾なイメージがあり 独立戦争の英雄 フランシス・マリオン将軍の別名がSWAMP・FOX 有名なロンメル将軍は、DESART・FOXであった。アメリカの多くの部隊、軍以外の組織でもこの名前を使っているところが多い。HSL-44は、フランシス・マリオン将軍を因んでつけているようだ。
 1980年前後では 艦隊のフリゲートに搭載される小型対潜ヘリコプターの部隊は、太平洋、大西洋の2つの方面を合わせても8飛行隊しかなかったが ヘリ搭載できる大型艦艇の増加により 2005年時点では12飛行隊まで拡大している。HSL-44は、1986年8月に創設された飛行隊であり 比較的新しい部隊である。本拠地はメーポート海軍航空基地。SH-60B LAMP-MkVを配備している。
  
テール・レターは、”HP”。胴体の左右前方には SWAMPFOXのシルエットを入れている。
HOME