ボクの某国論

地溝油というのをご存知かな? 有名な食用油?であるがブランド品ではない。一時 某国を騒がし 日本にまでその悪名が伝わったので某国に少しでも関心のあった一部の方は、まだ記憶にあるかもしれない。露店や安いレストランで使われる食用油は、「地溝油」と呼ばれる廃油が使われているというとんでもない実態が暴露されたため 世間は騒然となり全国に戦慄が走った。今まで聞いたこともない油名・・・出処元を知れば、普段偽物食品に慣れてしまった某国人ですらひっくり返る存在だった。

 地溝油とは、レストランや家庭で使われ下水に捨てられた下水管や汚泥のたまり場などで堆積した廃油を収集し再生した油のことである。これを収集したあと ゴミや油以外の成分を取り除き 最後に色と香りを調整して食用油として再び流通させるのである・・ほんま よくやるよ!。しかし 下水管やどぶにたまった油を見栄えだけでも変えるのは手間がかかりそうで、かえって原価が上がるのではないかと思ってしまう。しかし 下水管や汚水処理施設には量だけは相当あるようで 再利用の価値はあるようだ。日本でも食用油の再利用はあるらしいが、さすがに食用としては再生されず石鹸類や燃料用として利用するらしい。食用に再生するところが某国人のすごいところだ。

 このニュースが出たころには、ネットでもいろんな意見が掲載された、中には、自笑気味に「所詮 こんなん食べているから“ゴキ○○民族なんて言われるのよ」もあれば 怒り心頭で「もう何も信用できない!犯人は発見しだい全員銃殺すべき!」また 開き直り気味に「普通の食用油より 地下で寝せていた分、地溝油はコクがあって美味しい」など反応も様々である。誰も死んでいないので刑事事件にならないだけで 業界人、誰でもやっていることだそうだ。

 一方、粉ミルクメラミン事件のほうは、赤ちゃんに死亡者が出たり 障害が出たりしたので刑事事件となった。乳幼児の死亡や高度障害で発覚したこの事件は、当初国営の有名ミルク製造会社「三鹿」が業績を上げるために 故意にメラミンを入れて蛋白質量を見せかけで増やすという組織ぐるみの犯罪だったが、捜査過程でミルク会社の女性社長は、「原料搬入業者の仕業だ」と責任のがれ、搬入業者は、「乳業農家が悪い!」、農家のほうは牛の飼料に問題があったのかも」と次々に責任転嫁するものだから ついには牛までが「おらが食べている牧草が悪い」牧草は、「おらが育った土の質が悪い」とついには土の責任にまで至った。さすがに某国政府も土に逮捕状出すわけにはいかないので この国有企業女社長に執行猶予付の死刑判決、搬入業者に死刑判決が出て決着を見た。同じ悪いことをしても偉い人には執行猶予が付くのである。

 結局このメラミン、この会社だけでなく酪農農家や他の大手ミルクメーカー「蒙牛」「光明」「伊利」でもみんな大なり小なり使用していて人民は呆れ顔、その後スーパーの粉ミルク売り場から国産品が消えて行った。そりゃそうでしょ!日本に例えれば大手「○治・〇永・〇印」みんな使っていましたみたいな話で国産品信用度=0.00って当たり前の結果である。

 このほかにも理髪店で集めた頭髪で醤油を作る、もやしは、漂白剤につけて漂泊してから販売・・・まだまだきりがないほど色々ある、よく考えるよ・・本当に! こんな手間かけるんだったらまともに材料買って加工したほうが安くないですか?と言いたくなる。

 某国では、農民も含め庶民の食材に対する信頼度は、極めて低い。野菜などは、濃い農薬がまぶり付いていることを前提にして 流し水で丁寧に時間をかけて洗浄する。農民は、自分たちの知り合いが 甘くない果実にブドウ糖注射をするとか 病気で死んだ豚を闇で業者に販売したとか色々知っているので 自身も用心深いのである。また 合成調味料はほとんど使いたがらない。所詮工業製品であり 怪しい原料が使われているはずだからである。日本からの味の素でも使いたがらない。生姜、ニンニク、胡椒、八角など自然なものでないと安心できないのである。

 3歳ぐらいでおっぱいが大きくなりだした少女を心配して病院に連れて行った某国人パパ、医者から「普段好きでよく食べるものはなあに?」と聞かれてピンときた。彼女は、上海蟹が好きでほぼ毎日食べていたのだ。蟹には養殖業者が成長ホルモンを与え大きくするので 食べ過ぎると胸を膨らんでくるという訳である。成長ホルモンを使うのは、蟹だけではない海老や川魚、鶏にも使われている。だから 子供に鶏肉を食べさせない家庭が多いとも聞く。じゃ 豚や牛は安心なの?? 少なくとも豚は、あまり安いところで買わないほうがよい。病死した豚を安く買い取る業者は、どこにでもいて衛生局の目をごまかして死んだ豚を売りさばく。拝金主義にはしる一部の業者はどこにでもいるので安心できないのだ。ここ20年で消費量が激増し値段が上がった羊肉、なんと豚肉より高くなって 有名な羊肉のしゃぶしゃぶ屋が豚肉に羊肉風エキスを塗って 羊肉として販売していたという驚くほど“せこい”事件が暴露され 某国には信頼して食べれるものがないのか!と食品への信頼は地についてしまったのだ!

 私の場合、野菜は、安い自由市場、肉は高いが信頼のできる日系スーパーで買う。養殖の川魚は、薬臭いのでレストランでもなるべく食べないし 自分でもほとんど買わない。気持ちの問題かもしれないが買って料理するなら海の魚に限っている。しかし 海の魚は新鮮さに欠け魚の種類も少ない。買う時は、魚の目を見ればある程度鮮度がわかるが、ヒラメ 黄魚 太刀魚など解凍されて何日も経過したような“うつろな目”と睨らめっこしたら 大抵の場合「また今度ね!」となる事が多い。


このお魚たちは、氷のベッドでいったい何日寝ているのだろう・・・私の場合 目がキラキラしていない限り買わないことにしている。

 某国首都や天津で何年か前から人気のレストランが 河魚の焼魚料理店、5種類ぐらいの河魚からチョイスして 好みの味付けもチョイスで来て焼いて出てくれる。半身ずつ違う味で仕上げることもできるので 特に女性に人気だ。ここでメニューに並ぶ魚がすごい。ナマズ、ライギョ、草魚など雑食の河のギャングである。日本ではこうした魚は、食卓にほとんど登らない。ただし こいつらだけは、生命力が強く成長ホルモン無しでも充分し大きくなれるやつらだと確信できるからある意味安心である。試しに食べてみることに・・すると薬臭くは無く案外おいしいのだ。特にブラックバスはこちらでは高級魚で、とても美味である。

 ライギョについては、小学校のころ思い出がある。熊本に住んでいた頃 付近に立派な池をもつ豪邸があった。庭の池には、大小の錦鯉が優雅に泳いでいたのである。近くに寄れば、それを眺めるのが楽しみだったが、ある日池を見ていたら ご主人と思われる人相の悪い親爺から「こらっ!! どこのガキだ?・・あっちへいけ!」と理由もなく怒鳴られた。とっても気分を害した私、そのクソ親爺に何か御礼をしたいと考えていた。

 自転車に乗ることを覚えたての私、自転車で遠出をすることが多くなった頃である。ずいぶん遠くまで走り込んだ農村の一本道で、大きな川に掛かる橋から小舟が網を流して魚を取っている様子が見えた。鮒や鯉など大きな魚が沢山取れていたが、それとは別に船から放り出され 地べたに捨てられた大きな魚が10匹ぐらい体をくねらせている。生命力が強いようで長い時間 水から出ているのに元気がある。「おじさん、この魚なぁ~に?」、おじさん「ライギョだよ・・」私「いらないなら、もらってイイ??」おじさん「ずた袋やるから もってけ、でもな、こいつがいると鮒や鯉の稚魚がみんなやられるから河に戻すなよ、あとよ・・不味くて食えんけんな!この魚」。その時は何も考えず もらえるならもらって帰ろうと考えた。ただ 袋に10匹も入れていると相当重い。帰りながら どうするか考えあぐねた。このままじゃ 死んじゃうしな・・・ 家に近づいて来たとき 通りかかったのが例の豪邸の池であった。「よし ここに放したろ!」。80センチ級の大きなライギョ君たちは、10匹とも元気に錦鯉の池に解放してあげたのだった。その時は、ライギョ君たちの命を救ってあげたと良い気分になっていたが、帰って父親にその話をしたら「お前 とんでもない事するやっちゃな!」と呆れられた。

 話がまた逸れたが、食品に関して某国は、なんやかんや色々なことがありすぎてスーパーマーケットへ行っても買いたいものが少なくなってしまった。たまに日本に帰国しスーパーへ行くと 置いてあるものが何でもおいしそうに見えて買いたくなるが、そういう感覚が某国では全く起らない。どうやって危険を避けるか そっちのほうが重要なのである。             (2017年4月記)

HOME
其の二十八 地に落ちた信頼の巻