KIEV

Kiev Class Heavy Aircraft Carrying Cruisers

北京市に隣接している有名な都市”天津”。日本では天津甘栗で名前が知られているが、天津と甘栗は、こちらでは何の接点も無い。天津市は、北京、重慶、上海と並ぶ中国の特別行政都市の1つで 渤海湾に面し良港を有する為 昔から北京の海の出口となっている。最近では日本企業の進出が多く トヨタ自動車は天津に第2の工場を建設し2005年2月から 最新のクラウンを生産する。その為 この企業グループと関連部品メーカーがこぞって天津に拠点を構え 小「豊田市」が形成されつつある。この天津に2003年9月旧ソビエト海軍の重航空巡洋艦キエフが展示されるようになったので 御紹介しよう。(2004/10/24 記)
キエフは、1967年に計画された当時のソビエト海軍初の航空母艦である。ソビエト(現ロシア)では、航空重巡洋艦と呼んでいたが、強大な航空部隊を擁するアメリカ海軍に少しでも対抗したいとするソビエト海軍の悲願の艦船であった。ロシア海軍は、日露戦争以後外洋に本格的に進出できる海軍を持つことができなかった。ロシアは元々陸軍国であり また冬でも凍ることの無い不凍港が少なかったため 強大な海軍を持つ必然性が少なかったのである。しかし アメリカとの冷戦の中 海上プレゼンスを拡大するためには航空機が運用できる艦船は欠かせなかった。それまで モスクワ級という海上自衛隊の”ひえい”級護衛艦の拡大版のようなヘリ搭載大型巡洋艦を運用していたが、固定翼機を運用できたのは この艦が始めてある。基準排水量36000トン 全長273メーターもある大型艦である。これが日本海に現れたときは マスコミ各社が脅威を書きたて”震える日”とか言うアホな特集写真集も発行された。
艦橋は、当時に近い形で再現されている。上部の大型レーダーは、モーターにより展示時間帯は回り続けている。さすがにミサイル類は張りぼての模型であったが、スクラップを買ってここまで 再現したのは中国の実業家も単なる金儲けだけでなく こだわりを持っていることを感じた。たいしたものである。

左写真は、私が休みを利用して2回目訪れた時のものであるが、天気がよく幸運であった。
キエフ級の特徴は、航空機を運用できると言うほかに 艦首にどでかい対艦船用の大型ミサイルを乗せていたことである。これは、SS-Nー12サンドボックスと言う対艦ミサイルで大きな筒に(まさにサンドボックス)に収められ 8基も並べていた。キエフの海上での戦闘ではこの射程が550kもあるミサイルを米空母機動部隊に大量に撃ち込み混乱を起こさせることにあったといわれる。しかし実際の戦闘では こんな大型艦の行動は事前に察知されており 攻撃をかける前に艦載機からの攻撃を受けてお陀仏になっていただろう。あくまで平和時にソビエトも外洋艦隊に発展したのよ・・とプレゼンスを鼓舞するだけの存在でしかない。
SS-N-12サンドボックスの発射筒 どでかいボックスである。これを見ると 昔、砲艦外交と呼ばれた植民地拡大時代 各国が大きな戦艦を建造した当時の思想とあまり変わらない気がする。
このキエフを見学するためには、天津市中心から車で2時間近くかけなけければならない。見学用のツアーバスも出ているようだが えらく不便な場所に公園は作られている。しかも 艦の見学には120元(1600円)もの高額な入場券を買わねばならない。低所得層の最低収入が300〜400元の中国である。如何に高いか・・・一回見学すれば2回は行かない場所である。さてさて 艦内はどうなっているのだろうか 入ってみよう。比較的綺麗に展示室などが作られ 航空機の格納庫には 数機Q-5などが置かれていた。
レーダーなどの電子機器にはロシア語の操作説明文や注意書きが氏のまま残されている。また 一部は操作盤に電源が入っており ランプが点灯しているためリアル感がある。艦内も良く再現されていた。

魚雷発射管が艦の舷側にあるのは知らなかった。
YAK-38Mフォジャーと言うハリアーを見慣れた目には奇異に映る艦載機を 当時この艦は搭載していたが、どうも能力は低すぎて結局艦載機としては役に立たなかったようだ。この艦の寿命が短かったのもソビエト連邦の崩壊意外 有力な艦載機を開発できなかったソビエト軍の艦載機開発の技術的未熟さが原因でもある。この艦にはKa-25ホーモン(ホモではない!)と言う対戦ヘリも積んでいたが これが唯一この艦を対潜哨戒艦として手助けしたようだ。2番艦のミンスク、3番艦のノヴォロシースクとソビエトの都市名を付けた艦が生まれたが すべて短命で引退に追い込まれた。
舷側に設置されたCIWS(対ミサイル用の速射機関砲)AK-630。口径30o この砲身まで正確に再現できなかったようで 只の黒い筒であった。

写真右は、艦橋後方からのもの SA-N3か4かわからないが 対空ミサイルが再現されている。
天津北洋艦船観覧港有限公司より、一旦グボート4隻に引かれ天津港の南彊埠頭に係留されたが 航空重巡洋艦「キエフ」は秦皇島市山海関造船所(北京の東350km河北省の町)において最後「化粧直し」をされ 2002年9月渤海の秋の大潮にのって天津に戻った。私はたまたま化粧なおし中のキエフを秦皇島で見かけたが そのときは”ミンスク”と思っていた。
キエフの展示されている天津市漢沽区城鎮は、大規模な軍事テーマパークの建設が進められており、総投資額50億元、初期投資に5億元が投入される予定。周辺には76の旅行関連施設を備える計画で、観光地と科学技術博覧、国防教育が一体となる世界規模での軍事テーマパークとなることを狙っているようだ。すげ〜!。国防教育に関しては、中国北方地区最大の国家レベル海洋科学基地としての役割を担っていくと言う。関係者は、「同テーマパークを中国東北地区における新しいタイプの観光スポット(天津経済活性化の『旗艦』)にすると述べていた。
HOME