HC-5
Wings
輸送、補給、連絡、救難などあらゆる雑用までこなす艦隊支援飛行隊の内 太平洋方面でよく活躍しながら 厚木ではあまりお目にかかることがなかったのが HC-5であった。”RB”のレターに星のマークをちりばめたデザインはHH-46Sを使用しグリーンに塗装されていた時代は 黄色で書かれていたので 目立つ存在だったが撮れれば非常にラッキーな存在であった。この部隊は1984年の創立以来グアム島のアガナ海軍基地をベースにしており 約80名の士官と400名の兵員で構成される。時折 戦闘補給艦または強襲揚陸艦等に乗って日本にも飛来するので 来た時は是非ゲットしてもらいたい。
1998年横須賀に寄航したLHA-3強襲揚陸艦ベローウッド(USS BELLEAU WOOD)の艦上で撮影したHC-5のHH-46D”RB-14”この時は運良く2機も艦上に駐機していた。艦名が後部エンジンカバーに斜めに書き込んでいるのも 珍しく感じた。この部隊は艦派遣部隊ごとに分遣隊を編成し この時はDet-6となっていたはずである。
LHA-3ベローウッドに載っていたもう一機のHH-46D”RB-14”胴体の脇につけているふくらみは、何だろう?この部隊 消火作業も任務に加えたため450ガロンの外部バケットを装着するとあるが それがこれかもしれない。
2004年アンダーセンOHに参加したHC-5のHH-60、5つの星は尾部ローター付近にかかれ 健在である。アガナ海軍基地をベースとしているはずであるが アガナでは彼らの存在を確認できなかった。
2003年12月にHH-46からMH-60Sに換装を終えたHC-5は、すでに14機のMH-60Sを所有しているはずである。その内 Det,6は、東アジアに前方展開しているUSS ESSEXに派遣されていると思われる。ここの機体は”Det,3”となっており アガナ(NAS AGANA)常駐の機体かもしれない。彼らは救難 捜索 補給などを主な任務とし艦隊の支援を行う。
弾薬補給艦 USNSキラウエア(AE-26)から 厚木に飛来したHC-5のCH-46D(151911)”RB-01”。HC-5は、USNSマントフフッド、キラウエアなど航空機用弾薬の補給艦からの機材の搬送や物資の輸送、連絡などの役割を演じ 機体には所属する艦名が 後輪のバルジに書き込まれていた。この機体は、前部ローターの下になにやら建国記念マークのようなものが 書いてあるが 詳細は不明。
HOME