Wings
HMM-165
1977年初めて沖縄を訪れた時だった。空港からタクシーで市内のホテルに向かう途中、最初に視野に飛び込んできたのは左手に見えた那覇港であった。多くを高いフェンスで囲まれた港には本土では見慣れない迷彩車両が並んでいた。当時の沖縄は返還後間もない状態で 那覇港付近もまだまだ多くの米軍車両や港から積み出しの軍事物資に溢れまさに軍港の様相を呈していた。その中で初日にいきなり那覇港の岸壁に多数のヘリが駐機されているのを目にしてしまった。しかもエンジンをかけ離陸の準備に入っている・・・私と友人は沖縄で最初の獲物をこれに決め タクシーを降りて撮影ポイントを探すことにした。しかし フェンスのかなり向こうであり 軍事エリアで立ち入りは不能、どうしても良いポイントが見つからない。そのうちCH-46D 6機とCH-53D 3機はすべてローターの回転を上げ まさに離陸直前の状態に近づいている。我々はもう一本の埠頭に民間の施設らしき建物を発見してそこに急いだ。まさに5分遅ければ1機も撮れずに見送る事になっただろうが 何とか証拠写真程度のものは得ることが出来た。その部隊は後方のローター下に白いナイトの首を描いており HMM-165”White Nights"の機体だった。この部隊翌年にも嘉手納で撮影が出来たが その時にはマーキングを新しいものに変えており 白いナイツはこの時に撮れたのが最初で最後になった。
那覇港軍脇のスペースで 正に離陸をしようと ローターフル回転のCH-46D この後ろには、CH-53D 3機も含め 10機近いのヘリが一斉に エンジンを回転させていたのですごい騒音となっていた。
HMM-164に一年遅れ1965年に MAG-36の傘下 同じサンターナで誕生した飛行隊である。1966年から早速 南ベトナムに派遣され ベトナム戦争の写真集には時々このないとのマークをつけたCH-46Dの写真を見かける。1966年〜1969年の間 ベトナム戦を戦っており1970年には ベトナムからの撤収任務をサポートしている。
1977年再びHMM-165のCH-46に 嘉手納で出会った。感激はひとしおであったが 白い騎士は、カーキ色の兜と衣装を纏ったマークに変更されている。
キャンプ・富士にこの部隊が演習に来ていると聞いて 友人と車を飛ばし撮影に行った。この時撮れたのは このYW-6とCH-53Dの2機のみだったが、ここでしか撮れないシーンに感動でカメラを落として壊してしまったオマケまで付いた。
機体のマーキングが全てHMM-165仕様になっている為 原隊は不明であるが HMM-165(Rein)のCH-53Dである。これが撮れた時は、相当な興奮をしたと記憶している。大きなローターが巻き起こす風力は、すごく すぐ手前でシャッターを切っていた我々は 身体を風に持っていられないように堪えるのが精一杯であったのだ。
1979年に再び嘉手納で再会したHMM-165のCH-46D、ロービジビリティの波にもまれる海兵隊の中でも 後部エンジンカバーに書かれたインシグニアだけは、カラーで残されていた。このマークをハワイの大王”カメハメハ”と言う説もあるが、どうだろうか?
HOME