HS-12
Wings
米海軍が、ASWの本格的ヘリとして採用したのが、HSS-2。1962年にSH-3と名称変更され SH-60Fにとって替わられるまで 艦隊周辺の対潜水艦戦を担っていた。SH-3は、対潜ヘリとして初めて 潜水艦のソナーによる捜索と爆雷/対潜魚雷による攻撃の2役をこなせるペイロードを持ち 従来2機1組で行っていたASWを1機で行うことを可能にした。  この他に救難、物資輸送など多目的な役割を求められ 空母上での運用では、ASW装備を下ろしてこれらの多目的任務を担うことのほうが多かった。HS-12は、SH-3Hを装備していたが、SH-60Fの登場で1994年9月に現在のHS-14と交代し 部隊は解散となった。
CO (1994
(1990)
(1990)
(1990)
(1990)
NF-614 (1990)
SH-3は、艦載ヘリに多くの機能を持たせるためキャビンに余裕を持った設計としていた。その為 かなり大型のヘリであった為 アメリカ海軍は小型のフリゲートにこれを積むことを断念 SH-2Gにこの役割を課した。海上自衛隊はこの大型ヘリを無理やり護衛艦に搭載した為 ヘリ格納庫が大型化して 米軍のフリゲートに比べ かなりトップヘビーの艦型となった経緯がある。しかし 艦載ヘリとしてはSH-3Hは優秀な機体であったので 対潜能力では日本の護衛艦は、部分的にアメリカ海軍を超えた能力を持っていただろう。
SH-3H "NF-616"(151541)
海上自衛隊は、この機体をHSS-2と呼んでいたが これは元々アメリカ海軍が1957年12月に HSS-1対潜ヘリの後継として開発した当時HSS-2と言う名称を使っていたことにある。1962年にHSS-2からSH-3に名称変更したが 自衛隊はこの当初の名称をそのまま踏襲して使用した。機体の下部は、船の船底を思い浮かばせる形態だが 機体は密閉構造でそのまま海に着水できるように作られている。

左写真のSH-3Hは、HS-12配備当初のもので 胴体後部に”WYVERN”の尻尾が書き込まれていた。ワイバーン”Wyverns"とは、空想の動物で 翼を持つ2本足の翼龍である。どうも専門用語?では 4本足はドラゴン 2本足はワイバーンというらしい。アメリカのアニメではよく出てくる人気者で この部隊以外でも 様々なチーム名などに使われている。この機体 後にUH-3Hに改造され. HC-2に配属になった。(149906)
SH-3Hシーキングも90年代に入るとついにロービジビリティ(低視認性)のマーキングに変更された。対潜ヘリのマーキングは 各部隊ともオリジナリティが多彩で 撮影のターゲットとしては面白かったが 一気にこの面での楽しみを奪われた。
 SH-3Hは、対潜任務の他に 飛んでくる対艦ミサイルを防御する為の機材(ESM電子支援装置&捜索レーダー)が積まれていたが 空母搭載で主任務をこなす本機からはこの任務は後にはずされた。
厚木の格納庫に掲げてあったHS-12のインシグニア
NF-610 (1990)
NF-613 (1990)
NF-610 (1990)
SH-3H NF-615 (156498)
HOME
(〜1994)