Wings
HS-8
1956年6月にカルフォルニア州NASリーム・フィールドで創設した部隊で 当初はHSS-1シーバットを使用していた。創設後 プリンストン、ホーネット、ベニントンなどの空母に配属され 対潜、救助、艦隊支援などの任務をこなした。この間 アポロ4号カプセル回収、ボプホープのベトナム慰問などの業務に携わったらしい。また ベトナム戦では30回以上のコンバット・レスキューを実施 1968年に1度解散したが 1969年新たな機体 SH-3Dを8機受領して 再スタートをきっている。その後 USSタイコンデロガ、キティホークに配備された。下の写真は、USSキティホークに搭載されて横須賀に寄港した際の”エートボーラー”である。1985年にUSSコンステレーションに移り デザート・ストーム作戦参加時は、USSインデペンデンスに配備されていた。実に多くの空母に配備された部隊である・・HS-8は、この間に海軍での多くの優秀メダルを獲得しているが、特筆すべきは1992年には、最優秀ASW賞を獲得している事だろう。
1993年4月 SH-60F/Hの受領を行い 1999年には、ヘルファイアーが運用できるHH-60Hに更新した。
HOME
2009年3月9日 夕方5時を回っていた、天気は雨の降りそうなガスがかったそんな中 この機体は我々の前のパスしていった。嘉手納基地に 飛来したHSC-8所属のMH-60、左側の扉にエイトボーラーのインシグニアが入っている。尾翼には”NG"のレター 確かに空母ジョン・ステニスからの飛来であった。 
HSC-8
(2007〜 )