HSL-33
Wings
私が写真を始める前は、対戦空母なる艦種がありS2-F トラッカー等が搭載されて 艦隊の周辺を警戒したり 船団護衛を行っていた。この固定翼機が持っていた対戦作戦能力は、機材が大型で複雑でもあり一朝一夕にヘリコプターへの搭載が難しかった。小型のフリゲートにも搭載が可能なH-2型ヘリに小型化された対戦機材が搭載されて後は、ヘリ搭載駆逐艦が、主流になり 大型空母搭載のS-3以外すっかり対戦固定翼機を駆逐してしまった。海上自衛隊の場合 HSS-2なんて大型のヘリを運用したため ヘリ搭載護衛艦は皆3000トン以上のクラスになったが アメリカ海軍はSH-2シースプライトと言う小型ヘリを多用した。厚木のお墓通いだった私は、このシースプライトが大好きであったのだ。一時はファントムがT/Gしていても エンドに行かずお墓でSH-2のフライトの方を選択していたくらいである。当時 厚木で比較的に撮れたのが、TF/TH/TGのレターをつけたシースプライトであったが 艦名とソノブイ投射部のパネルに書かれたパーソナルマーキンクをコレクションとして楽しんだ。
私にとって記念すべき厚木で初めて撮ったSH-2F、TF-20(159015)である。USS COOK搭載の機体で 1976年の建国200年記念 所謂バイセンティニアルマーキングである。マーキングと言うよりシールを貼ったものであるが、その横には、これまたペイントしたと言うより紙を張ったような”アート”があった。”The LAST Great ACT・・・”なんて自画自賛のフレーズを入れている。 
こいつを撮るために ずいぶん南へ北へ厚木周辺を歩いた。やっとものにしたが、ごらんの通り夕日を浴びて黄色く染まったシースプライトになってしまった。USS LOCKWOOD搭載のHSL-33所属 TF-17(150164)。右手の写真は何もなくつまらないが、機体の左手が艦名と”アート”が面白い!!
日章旗みたいなこのマークは、拡大して撮りたかった。 
SH-F ”TF-12" 151327
SH-F ”TF-19" 151900
SH-F ”TF-17" 160164
HOME