HSL-94
Wings
「Titans」・・タイタンと言うとギリシャ神話に出てくる巨人神、ギリシャ神話には4つの巨人族が登場するが そのひとつで どうもモデルはアフリカの黒人をイメージした黒巨人であった。この名前は、太陽系で一番大きい土星の惑星やICBMにも付けらているので よく聞く。HSL-94のインシグニアは正に甲冑を着けた巨人タイタンが剣の一太刀で潜水艦を断ち切るデザインである。1985年10月に予備役部隊として ペンシルバニア州のウィロ・グローブ海軍航空基地で創設された。カマン社のSH-2Gシースプライトの配備を受け 対潜、救助、捜索、補給などの任務を主として来た。しかし 2001予算で 大西洋と太平洋にあったSH-2Gの最後の飛行隊は閉鎖となり姿を消した。
HLS-94のSH-2Gには、「MAGIC LANTERN」と呼ばれる水雷探査システムが搭載されており ある程度の掃海任務もこなせるようになっていた。このシステムは、ブルーグリーンレーザーとその他センシングシステムを組み合わせ 海上を漂う浮遊機雷と水面近くに隠れる係留機雷の2種の機雷を.探索できるように設計され 1991年の湾外戦争頃から活用が始まった。
HOME