VP-5
青い海と珊瑚礁に囲まれた沖縄、この美しい島の最南端に那覇基地が、ある。1972年アメリカから返還を受ける前は、米軍の海軍航空部隊 空軍部隊も常駐していた。現在の那覇基地は、国際空港としての那覇空港の拡張工事もあり 当時よりだいぶ整備された。滑走路は3000メートル級で 周辺設備も立派になったが 南国情緒豊かな基地の風景は今も同じである。海上自衛隊は、ここに第五航空群を置きP-3C2個飛行隊を配備している。この基地は、中東・東南アジア諸国海上輸送路の要であり、中国、台湾、韓国といった周辺諸国と海域を接している為 極めて重要な地域である。担当する海域もきわめて広く ロシアの脅威が薄れた現在 日本にとって最も重要な区域になっていると思われる。ここに配備されたP-3Cの2飛行隊の内 このページでは、第5航空隊を紹介したい。 
Naha base in OKINAWA
第5航空隊
Wings
第5飛行隊は、1981年7月15日に設立された。当時は南西方面唯一の対潜哨戒部隊でP-2Jを装備していた。P-2Jの紺の尾翼に白く書かれていたペガサスは、P-3Cになってからは、青で大書きされるようになり 米海軍のマーキングにも負けない存在であった。
(5055)
(5013)
(5014)
(5035)
(5037)
(Tail Lineup)
Tail Making of VP-5
HANGER of VP-5
厚木基地に着陸するVP-5のP-3C。P-3好きの私にとって厚木でこうした外来のP-3Cが撮れる事は、嬉しいことだった。特に最も遠い沖縄からやってくるVP-5とVP-9は、那覇のでいご祭に行くまでは、米海軍のP-3と同じく憧れの存在であった。
(5015)
(5025)
(5038)
(5050)
(5055)
(5041)
(5051)
海上自衛隊那覇基地は、1933年(昭和8年)に当時海軍小禄飛行場として建設されたものであり 1936年民間機の発着が出来るように拡張され 逓信省の管轄と成り那覇飛行場と名前を変えたが 再び海軍に移管され海軍小禄飛行場に戻っている。当時1500メートルの滑走路が3本もあったそうであるから 結構規模の大きな飛行場だったわけで 九州→那覇→台湾への定期便も飛んでいた。1945年4月から始まった沖縄戦では 小禄海軍の海軍部隊は、孤立し上陸する米軍の攻撃でほぼ全滅している。太平洋戦争後は米軍が拡大整備して 長く空軍基地として使用してきた。1972年沖縄返還に伴い 1972年(昭和47)年5月に海上自衛隊臨時那覇航空隊が発足 P-2Jが配備された。1981年(昭和56)年7月 海上自衛隊第5航空群が発足し 1990年(平成2年)7月に第5航空隊にP-3Cが配備された。第5航空群は、第9飛行隊 第5整備補給隊隊 那覇航空機基地隊の4つの部隊で構成されていた。
那覇のランウェイは、幅45メートル 長さ3000メートルの規模がある(P-3Cより撮影)
HOME