CF-5D(116821)

HOME

カナダ空軍では、ノースロップ社F-5A/Bの派生型を1968年頃から導入始め、約240機も使っていた大口ユーザーであった。CF-5A 89機。機首にカメラを付けたCF-5A(R)、ツーシーター訓練型のCF-5D、これらで135機この他にオランダ空軍からNF-5A/Bを105機購入している。このページでは、1980年3月ユタ州ヒル空軍基地で撮影した数機のCF-5などをUPする。暗い迷彩塗装、尾翼の帯や帆船のマークなどが面白い。

CF-5A(116757)
CF-5A(116764)
CF-5A(116704)

CF-5A(116737)

この帆船のマークは、434飛行隊(434th SQ)のマークで、当初は、CF-104のパイロットの訓練等を主任務としており 1968年11月に最初の複座型CF-5Dを受領している。この部隊カナダがNATOの一員であることも関係して欧州での防空任務もあったため 434TFSとしてニューブランドウィック州チャタム基地に展開していたそうである。

CF-5D(116837)

CF-5D(116809)