TF/F-104G of 11AG
Page-2
Landing
TF-104G/4179
TF-104G/4189
TF-104G/4196
TF-104G/4192
TF-104G/4195
TF-104G/4178
Taxing
Display
TF-104G/4178
TF-104G/4193
TF-104G/4186
F-104G/4363
F-104G/4413
F-104G/4416
F-104G/4420
F-104G/4423
F-104G/4422
TF-104G/4186
TF-104G/4195
TF-104G/4171
TF-104G/4186
Start-Up
台湾空軍では、1990年9月に機体のインシグニアに関する通達が出され、それ以降 独立飛行隊以外は、全て尾翼には大隊徽をつけるようになった。11AGは、それまでほぼノーマークであったが、この通達を境に11AGのマークを尾翼に入れ始めた。
新竹のF-104も他の基地同様 全てシェルター運用である。いくつのシェルターがあるかは、ここでは書かないが多数のシェルターが存在することだけは記載しておく 一方向からの投弾で破壊されないよう 出入り口の方向がまちまちになっており 実戦的である。
台湾空軍では、このF-104Gを高高度迎撃用に使っていた、低高度/中高度域はF-5E/Fが担当 速度と上昇力に優れたF-104は、数は少ないものの貴重な存在だったのだ。このF-104の役割を現在は、ミラージュ2000-5が受け継ぎ F-5E/Fの役割をIDFとF-16A/Bが担当する。現在 新竹空軍基地は、ミラージュの巣に変貌している。
HOME