第11大隊
台湾の北西部 ビーフンで有名な新竹市と言う都市をご存知だろうか。今は工業都市として栄えているこの新竹市の南”南寮”と言う田舎町に台湾でも有数の空軍基地がある。新竹空軍基地、以前は新竹南寮基地と呼ばれF-104の3飛行隊がここを本拠としていた。499戦術戦闘機聯隊第11大隊は、台湾最後のF-104実戦部隊としてその終焉までF-104を使用した為 台湾のマルヨン・フリーク達の集まる基地でもあった。
私が駐在していた頃は、F-100Aを使用しており 台北上空を編隊飛行する姿を何度か目撃したが、結局撮る事は出来なかった。F-100の老朽化により第11大隊は、1983年から第41,42,44の各戦術戦闘中隊をF-104Gに換装し 1998年5月の最後のフライトまで約15年間F-104を使用し続けた。現在はミラージュ2000-5に換装しているが、これはまた別のページで紹介したい。
499TFW
第41中隊徽
 (41TFS)
第42中隊徽
 (42TFS)
第48中隊徽
 (48TFS)
第11大隊徽
 (11th AG)
Insignia
499TFWの各中隊は、常に不足気味の機体のやりくりの為 11大隊徽のみを尾翼に描き 中隊徽は一度も書き込んだことはなかった。
第11大隊は、1940年に四川省太平寺と言う所で創設された部隊で傘下に 41.42.43.44の各中隊を持ち 日中戦争時代はソビエト製のI-15、I-16などを使用していた。大戦末期には米国からの援助でP-40を大量に受け取り その後P-51等も受け取って 国共内戦では西安などを中心に戦闘を行ったようだ。1956年頃大隊はF-86Fを受領 (44中隊のみF-86Dを受領) F-100、F-104へと移行していくわけだが、この期間での部隊の移動については、極めて複雑で 空軍の歴史に詳しい台湾の友人でも判らないそうである。おそらく現在の組織になったのは、F-104Gに換装を終えた1983年からであろうと考えている。 
click here
NEXT
天空的戦士
Sky Warriors
HOME
Wings
11th AIR GROUP
The Period of T/F-104G
1992年8月9日 (9 Aug, 1992)
1992年8月9日 (9 Aug, 1992)
1992年8月9日 (9 Aug, 1992)
(1992)
上写真 F-104G4415号機は、カナディア社制作でデンマーク空軍が使っていた機体。シリアルは、62-12348.
その左手F-104G 4389号機は、ドイツメッサーチュミット社でのライセンス生産機で 西ドイツ空軍で使われていた機体。シリアルは、65-12747である。両機共に1997年に11大隊4を最後に解体されている。
1992年8月の基地航空祭でデモフライトする2機のTF-104G 4178号機と4193号機。両機共にロッキード社で生産された機体で 長らく米国の4510th CCTWで使われていたもの 台湾での寿命も長く90年代後半の最後まで使われた機体であった。現在は、両機共に解体されずに 展示機として展示されているそうである。
一連の写真は、全て1992年の新竹基地公開時のものであるが このTF-104G 4171号機(61-3073)は、デモフライトとは別に目の前をTAXINGして行った。観客の目の前をタキシーした唯一のF-104だったため 非常に感激しながら撮影した記憶がある。本機は、引退後も新竹基地のゲートガードとしてしばらく展示された。
高速でのフライパスから 急激な機首上げで上昇に転じるこのデモフライトの為だけに 4419号機(63-13647)が使われた、この時のキューンというF-104独特のエンジン音と風切りの音が 多くの観客を魅了した。
同じ4419号機と思われるが 2度目のパスからの上昇は、より角度をつけてアフターバーナーを焚いて上がったため 主翼にベイパーが出ている。