第12偵察中隊
RF-104Gの後継機として配備が決まったRF-5Eは、第12偵察中隊のマークをつけてCCKで公開された。おりしも F-104Gの引退式の際である。このマークをつけて公開されたのは、これは最初で最後となったため 非常に貴重な写真である。この後 F-16A/Bの1個中隊をRF-16として使うことを決めた空軍は、第12偵察中隊からRF-5Eを手放させ F-16の配備に転換させた。この為 RF-5Eの行き先は、第8大隊に新たに復活させた第4中隊になり 第8大隊の移動先 桃園に配備されたのである。
The Period of RF-104G to RF-5E
桃園からF-104Gの統合運用をするため新竹基地に移動した12偵察隊は、結局桃園基地に戻ることなく 新竹でRF-104Gの運用を終了した。ミラージュ2000-5が導入されても 12偵察隊にRF-104Gが残っていた為 しばらくの間 両機種を新竹空軍基地で見ることが出来た。タキシングをしているRF-104Gは、元々アメリカ空軍の58TTW(Luke AFB)で運用されていた機体。台湾が阿里山計画で購入してから RF化したもので 実際は20oバルカン砲をはずした以外ほとんどF-104Gである。
RF-104G 4400号機 これもルーク空軍基地58TTWでドイツ空軍のパイロットを養成してきた機体。67-22517は、アメリカ空軍で使われたG型の最終生産機で台湾でこの機体は終焉を迎えた。
新竹空軍基地(Hsinchu Air Base)のランウェイ南東の基地外に当時建設中だった鉄鋼加工会社の2階から撮影したRF-104G。300oレンズがあれば このようにタッチダウン寸前のF-104Gを捉えることが出来たが 今は立ち入りが出来なくなってしまった。
Photo by CCK-FOX
1980年台後半から1993年ぐらいまでの間 RF-104Gは、上の写真のようなカメラ収納用のロングコーンを装着して飛行することがあったが 極まれなことで 私は一度もお目にかからなかった。この4365号機も最後まで12SQに所属した機体であるが このロングコーンを装着してフライとしたのは数回だけ 4400号機にも付けられたが 常用しなかったのは飛行性能に影響があったからかどうかは不明。
HOME
12th Reconnaissance Squadron