第35中隊
Wings
台湾で成功した練習機のAT-3の攻撃機型 AT-3Bは、決して性能の優れた機体ではなかったはずだが そこは日本も同じ「国産の戦闘機」に対する思い入れは、熱いのである。この攻撃機は、夜間での艦船や上陸部隊などへの地上攻撃を任務としており 昼間 他国の制空圏内を堂々と飛ぶ思想は最初から持っていなかった。テレビでの取材も”夜間攻撃訓練”に集中していた。当時 F-104Gの引退 F-5の老朽化 戦闘機の不足が深刻な中 20機程の勢力ながら 台湾の防衛を支えた35中隊は、国民の期待を背負った存在だったのだ。
彼らは、公式には、CCKに本拠地を置く飛行隊であったが 35中隊としての活動期間の多くを北部の新竹空軍基地で過ごした。従って 新竹の航空祭では、F-104Gとともに彼らの活動を目にすることができた。AT-3とは言え 迷彩を施された軍用機のタキシングは興奮する。前席と後部席の高さの違いがはっきり分かる、練習機の血をひく機体である。
HOME
中隊の定数20機と言われ 0844号機から0863機までが当初 第35作戦隊に配備されたとあるが 期待の損耗などにより訓練飛行隊から番号の古い機体の補充を受けた形跡がある。