3rd AIR GROUP
第3大隊
The Period of I.D.F
  
(Insignia of 3AG) 
IDF 戦闘機の成長を追って来た私にとって 最初の実戦飛行隊の創設は、非常に興奮したものだった。友人が私に送ってくれたVHFテープに記録された「台湾テレビTTVが報道」を食い入るように 何度も見た。
 1994年12月24日(民国 83年)の第3大隊 第8中隊の成軍飛行パレードは、CCKのランウェイに 第3大隊第8中隊の18機ものIDF経国戦闘機が並び 午後2時に一斉にフライトを開始した。第8中隊長 王長河中校のインタビューも交え全国に報道されたこのイベントは 教育飛行隊であった第7中隊の成軍よりも いよいよ本格的な部隊が稼働し始めたという印象で 台湾国産戦闘機の夢が実現した瞬間を伝えるものだった。
1994年の第8中隊 IDF飛行隊の始動から1年 早速1995年のCCKオープンに顔を出すことにした。18機とまでは行かなかったが かなりの数のIDFがフライトして 盛り上げてくれた。機体の塗装が真新たしく インシグニアなど所属を示すマーキングが一切ないところが 創設時の状況を表している。確か このタキシーウェイ上に15機が並んでいたはずだ。
着陸を終えてタキシーウェイを進む 1613号機 先頭の機体であったが パイロットが上空を見ているのは、サンダータイガースが演技をしていたからである。背景に見えるのは、F-104Gですでに引退した機体をデコイ(おとり)として 滑走路脇に並べているものである。この2年後にはほとんどかたずけられ 姿を消していた。
HOME
8sqは、実戦部隊とは言え IDF自体が複座型を優先して生産したためと 初期の飛行隊として教育を重視していると思われ 複座型が極めて多い。ここに並んだ15機のうち 約半数の7機が複座型であった。
写真で見ると大きな機体に見えるが 全長は、14.48m。F-16が15mなので F-16より若干小さいサイズなのだ。エンジンは非力であり 2本合わせてもF-16のエンジンの80%の推力しかない。しかし マッハ1.8の速度は出ることになっている。
Wings