-
The Period of F-5E/F
第5大隊
V
桃園空軍基地は前にも述べたように 私が最初に台湾の戦闘機を目にした場所であり また最初に戦闘機の撮影をトライした場所でもあった。だから 私の中にここでの撮影は特別の思いがあり CCK-FOX君ともよく通った基地のひとつであった。彼が日本から到着した私を空港まで出迎えてくれて まず 二人で午後の撮影を楽しむことにしていたのは ここの基地で空港ランウェイとほぼ平行したランウェイを持つ基地であったため 撮影ポイントに到着するのもあまり時間がかからない。残念ながらこの基地の場合 全域を見渡せるような良いポイントが存在しない為 ランディングを狙うしか無いのであるが 一つだけいつも必ずと言っていいほど立ち寄るところがあった。CCK-FOX君は「また あそこに行くのか」と気乗りしない様子であったが 私は彼にせがんで車で連れて行ってもらいたい所があったのだ。それは アラートハンガーの裏側に当たる農地で ここに来ると間近にF-5を眺めることが出来たのだ。初めてそこに行った時は こんなに戦闘機に近い場所にいていいのかと驚くほどであった。しかし 警備兵も基地外の農地にいる我々には干渉しなかったので こっそりハンガーの裏から撮影もした。オープンハウスが多くなってからは感動が薄れたが 最初の頃は撮影も中々おぼつかない台湾空軍機に最も近づける魅力的な場所であった。
こうした二連のカマボコ式シェルターが二つ並び 何時行っても4機のF-5EないしはF-5Fが サイドワインダーの実弾を翼端に付けてアラート待機していた。手前に写っている塀が基地との境であるが 写真塀の手前は大きな農業用水路になっていて その用水路の水調整機械室の上に上るとこうした光景にあずかれる。撮影はほんの一瞬に限られ 衛兵に気が付かれ無いようにさっと済ませるのがコツ。
こちらは、基地内で撮影した第33シェルター。F-5Eクラスが1機収納可能で 外側は敷地と同じ芝が張ってあり 避雷針と警戒用のセンサー類が付けられている。基地毎にシェルターの塗装は異なるが 同一基地内では統一した色合いで 塗装時期も一緒なのか日焼けて色落ちした具合も統一感がある。
Insignia of 401TCW
弾薬庫である。ここからサイドワインダー4発を取り出し ハンガーの機体に運ぶ時の様子。一応コンクリート製ではあるが 誘導爆弾が主流の今の時代には脆弱性が高いといえる。
Wings
上写真のF-5Eは、何と台湾のF-5Eの1号機”5101” 90年代半ばまでこいつが残っているとは思わなかったが F-5も時々モスボールされて保存していたものがあったので 運良く撮影できたのかもしれない。後方シェルターの形が異なるが この写真は新竹基地でのものである。(1995)
シェルターから引き出されたF-5E”5328” 生産後期型で機首がシャークノーズとなっている。1994年桃園基地での撮影であるが このシェルターは化粧直しをして 色合いが異なっていた。
HOME
5th AIR GROUP