第737戦術戦闘機聯隊

F-5E「5278」の翼端には、ACMI対応の空戦データ送信装置がつけられている。

1990年代 第7大隊として3つの戦術戦闘機中隊を傘下に置いていた時代 アグレッサー部隊である第46中隊は、独立中隊の色彩はあったが大隊の傘下にあった。現在は、46中隊が行っていた任務の一部を戦術訓練 開発センター(TTDC)が引き継ぎ TTDCは、第737連隊の外に出て独自にF-5E/Fを運用しているようである。友人が撮影してくれた素晴らしい写真の数々には、そうした部隊の変遷を裏づけるようなマーキングが書かれている。この辺を部隊の編制表と照らして見てみるのも面白い。
 いずれにせよ 日中戦争時代の.空軍の名手高志航の名を頂いたこの空軍基地が 今でも台湾空軍の戦術訓練の中核をなすファイタータウンであることは間違いない。

All Photos were taken by Mr.Ann-Zaing
Many Thanks Mr.Ann-Zaing

仮に私の推測が当たりなら 上写真の2機のF-5F、手前の「5400」号機は、46thTFS所属。奥に見えるウィングマンのF-5F「5385」は、TTDCの所属ということになる。

HOME

尾翼の”ピパーオンターゲット”のインシグニアは、元々46thTFS所属機のインシグニアだったが、現在では、独立したTTDC(戦術訓練&開発センターの隊徽となっているようだ、上写真のF-5F「5380」のように 機首に46thTFSのシールを張っている機体は、46thTFSの所属と思われ 規則からいえば第737連隊徽を尾翼に書き込むのが正しいのであろうが 両方のパターンが存在するのは、マーキングの過渡期なのかもしれない。

編號「5416」(序號「30142」は、消されている)のベトナム迷彩パターンを残したF-5F。この機体1993年からずっとこの部隊で使われてきたベテランである。迷彩以外は、すべてロービジ規格に変更されている。

南方の熱帯雨林を背景に離陸するF-5Fの編隊を見ると ベトナム迷彩の迷彩効果は納得がいく。迷彩機は、編號「5377」のフルカラー機と「5416」のインシグニア・ロービジバージョンだけなのか・・・少しさびしい気がする。F-5F「5396」の機首UPを見れば 迷彩の2機同様カラーで46thTFSのインシグニアが入っていることがわかる。

注目したいのは、上の編號「5280」号機で、尾翼の737th TFWのインシグニア、機首に46th TFSのインシグニアをつけている。組織編成上からいえば、まったく自然なのであるが、他の46thTFSのインシグニアを機首につけている機体の多くが、従来のように尾翼のマークが”ピパーonターゲット”(照準に入る敵機)描いているため、このように2つのパターンがあるわけである。では737TFWに所属しない戦術訓練開発センター所属のF-5E/Fはどれなのか・・・46thTFSのシールがなく 尾翼に”ピパーオンターゲット”が書かれている機体、つまり 上の数枚の写真「5278」がそうなのかもしれない。と邪推してみた。 

友人によれば、現在 アグレッサー部隊に所属していると思われる機体のマーキングパターンは、上3枚の写真のパターンだけらしい。編號「5377」は、1990年代から ずっと46thTFSに所属していたが 当時は、機体全体をシルバー色(無塗装磨き上げ)で仕上げてあった。しかし このベトナム迷彩だけは、マニアとして残してほしいものである。

Wings
46th TFS & TTDC