8th AIR GROUP
第8大隊
台湾の花蓮市、ここは、観光地でも有名なところである。1982年1月台湾で旧正月を迎えることになった私は、1週間もの休みをどうしたらいいのか迷っていた。春節(旧正月)までの1ヶ月稼ぎ時という事で 1日の休みもなく働きづめの毎日だったので 体は疲れていたが いざ休みとなってもやることはないのである。ましてや その頃は独身、彼女もまだいなかったので 暇をもてあますはずであったが、ここは親切な台湾人、「うちの家族と一緒に旅行に行こう」とお誘いを受け旅行と相成った。出かけた先が 台湾中部の花蓮であったのだ。当時は、道も不便で山岳部の山道を2日もかけて走ることになるのだが 何と手配してくれた車が”ベンツ”である。車を持っていることがステータスであったその頃の台湾で”ベンツ”は、超高級車。当然 私も始めて乗る高級乗用車であった。友人曰く「金持ちの親戚が 貸してくれた」とのことで 険しい山岳道路だったがベンツは、それをものともせず良く走ってくれた、さすが・・・台湾の東海岸(太平洋の面する側)は、海岸線近くまで山岳地帯が張り出す厳しい地形で 山岳地域は、切り立った山々と深い谷で日本の中部山岳のような地形である。何せ日本と同じ約8割が山岳地帯の台湾 富士山より標高の高い”玉山”(新高山)など著名な山が連なる。中国大陸からレーダーの目をかいくぐり 海を這うように台湾を襲うであろう中共の空軍に西海岸の空軍基地は奇襲を受けても 東側はその恐れが少ないため 空軍は東に大きな基地を2つ構えていた。

 花連の西側の山岳地帯は、大理石の宝庫であり 山自体が大理石と石灰岩で出来ている。その山をくり貫きながら観光道路を建設し 全山大理石の渓谷の景観を楽しむことの出来る”太魯閣渓谷”は、実に美しい場所であった。花蓮空軍基地のことを知っていた私は、望遠レンズも持参していたものの 結局その時は山の風景を撮るだけで終わった。しかし 台湾にこんな美しいところがることを知って感動したものである。また ここには山芋で作ったアイスクリームが名物としてあり これもまた美味しかった。 
さて 時代は干支を一回りして12年後の台湾。1994年の8月、今度は観光ではなく 花蓮の空軍基地を目在しての旅である。込み合った台北駅から 列車に乗り海岸線に沿って8時間ぐらいだろうか・・各駅停車の鈍行列車ではなかったはずが、朝出発して延々と列車に揺られ 着いたのは夕暮れの花蓮駅、途中の風景は、左手が海、右手は海まで迫る山岳地帯で 私はタバコを吸うために列車の乗降口を開放して 生の風景を見ながら旅を楽しんだ。時々巡察に来る車掌に「危ないから扉を閉めて」と言われても 車掌がいなくなると皆 扉を再度開放して 外を眺めている。
1992年から基地開放で一般公開を始めた花蓮基地であったが、当時2年サイクルでしか公開しないといわれ 友人とこんなとこまで来てもし中止だったら泣きだねと言いながら 薄暗い花蓮駅を出て 宿を探すことにした。レンタカーの手配も済ませ 翌日は朝6時には基地周辺の探索である。幸い駅のロビーには公開のポスター、翌日朝 基地ゲートで再確認して 海岸に向かう道路を西に走った。朝 ホテルで聞いたジェットの音で何機かが離陸して言ったので それが撮れる可能性があったのだ。我々は海岸に駐車し 砂浜に降りてそれを待った。道路で撮っていては、基地の衛兵から丸見えなのである。
正門をすぎて 海岸に向かう基地周辺道路を下っていくと 海がきれいに開ける。この道のいくつかのポイントで タキシングが撮れそうであるが 停車するなり衛兵が飛んできて「車を止めるな!」と恫喝された。さらに進むとシェルター郡が見えてくる。切り立った山岳と白い雲 そして青い海が花蓮での写真撮影に大きな魅力を与えるのだ。
Hualien Station in Aug,1994
Road of Hualien Air Base side 1994
朝日に輝く花蓮駅 
基地の開門まで まだ1時間以上ある。海岸でひたすら帰ってくるはずのF-5E/Fを待った。花蓮には、3個飛行隊のF-5がおり 新竹で一部は撮影できていたが、やはり本拠地で撮るのが醍醐味である。ど近眼の私も軍用機のランディングライトを発見する時は、やたらと目が良くなる・・・ずっと海の方向をどちらからアプローチしてくるのか 見渡していた。すると 友人が突然「やばい カメラを隠せ!」と。
 海岸線を警戒している巡視艇が我々のすぐ近くに迫ってきていた。「まったく・・基地の衛兵だけでなく 海にも注意が必要なのかよ」とブツブツつぶやきながら 巡視艇が通り過ぎるのを待つ こちらに双眼鏡を向けて監視しているではないか。

 
 これをやり過ごし 再び我々が 空に向け警戒態勢に入る。しばらくして 来ました来ましたよ!!ピカッと光るランディングライト。F-5に間違いない。海と山の美しい風景に溶け込むように現れた2つの光は、やがて 黒い2つのシルエットとなって次第に我々に近づいてきた。
これを撮るために 昨日は暑い列車で何時間も揺られながらここまで来たのよ!でも そんな疲れも吹っ飛ぶうれしさである。
最初の2機のF-5Eは、距離の間合いが分からない。少し 多めに距離をとりながら 撮影位置を決める。編隊着陸であるからなおさら難しい。尾翼のマークは、第8大隊のドラゴン これが美しくグレーの尾翼に輝く。F-5E/Fは、2機のフォーメーションで次々に現れ 着陸していった。我々は これだけ撮れただけでも ここに来た甲斐があったと満足してゲートに向かった。
click here
NEXT
太平洋から吹き込む水分を吸った空気が 高くそびえる山々にさえぎられ 白い雲となって山肌を掠める。その為 夏の花蓮の海岸は、山の緑と空海の青、そして雲の白が織り成す芸術的な風景で 航空機撮影においても これらの情景を入れたシャッターチャンスに恵まれ なんとも愉快である。
Insignia of 828TFW
The Period of F-5E/F
HOME