T-38A of 8AG
1996年 私とCCK-FOX君は、日の暮れそうな花蓮の海岸で T-38Aを撮影した。1995年に展示された時はノーマークであったが、この時 初めて尾翼に何か書き込んでいるのが 確認できた。しかし 通常の8AGのマークでもなく そのときは、二人で「いったい何を書いていたのだろう」と顔を見合った。翌日 それがロービジの第8大隊徽と判明 いよいよ台湾もロービジ時代に突入かとガッカリしたものであった。しかし T-38については、1997年に再び通常のカラーマークに戻り かえってロービジが貴重になるという結果になった。
純白のT-38Aタロン、昔模型メーカーのフジミが1/72でT-38Aを出していたが その箱絵を見て以来タロンが好きになった。アメリカへの撮影行で数機撮っていたが、このタロンが台湾に来ると聞いて驚喜した私は 既に”青天白日旗”を純白の機体に纏ったT-38Aを想像しながら その日を待ち続けた。

 台湾は、ミラージュ、I.D.F、F-16A/Bなど新型機種への転換を前に 大幅なパイロットの養成に掛からねばならなかった。元々高等練習機などと言う贅沢な機種を持っていなかった空軍は、岡山でのAT-3Aでの訓練過程終了後は、各部隊での複座型を用いたOJTによりパイロットを育てていた。その為 どの部隊でも複座型の数は比較的多かったが、第3世代の3機種は一挙に導入される為 人員の訓練は従来通りの方式では、とても追いつかないことは目に見えていたのだ。そこで3年間のリースでT-38Aを40機借り入れることとなった。1995年の年明けに最初の20機が花蓮港に荷揚げされ その年の5月17日に成軍式典(全てが稼動状態になり部隊としての正式な発足式とされるもの)が執り行われ、劉参謀総長(アメリカの統合参謀本部長にあたる)の閲兵を受けた。空軍では、3年のリース期間の間 40機のT-38Aで総飛行時間を29000時間と計算 約500名のパイロットを育成する計画であった。   
T-38A/3818
T-38A/3828
T-38A/62-3623 (3806) in HANGAR
元Vance空軍基地の71FTWにいた機体
T-38が初めて 一般に公開されたのは、1995年のCCKのOHであった。この時のパイロットは、8AG直轄を示すPatchをつけていた。その後は、14,15,16の各中隊で運用されたようで それぞれ中隊の教官クラスが、訓練を担当していたと思われる。
Wings
HOME
Tail-Marking in 1996
Tail-Marking in 1997
F-5Bを中心に T-38A/F-5E/F-5F計5機で組んだ編隊
T-38A/3829
T-38A/3839
T-38A/3813
T-38A/3814
T-38A/3805+3804
T-38A/3805
T-38A/3812
T-38Aについては、3年リースと言えど 再リースされ当面台湾の空で見ることが出来るだろうと タカをくくっていたが、何と本当に3年でアメリカに返してしまった。あまり撮れないで終わるなんて 考えもしなかったのでノンビリ構えていたのがいけなかった。しかし本当に500名のパイロットが養成出来たのだろうか?
ミラージュ2000-5導入時にパイロットの不足から成軍が予定よりだいぶ遅れたらしいのだが・・・
CCK-FOX撮影のT-38A、新竹に飛来した所を捉えたものだ。私もピーカンの順光でこのような写真を撮りたかった・・しかしT-38は、よその基地で撮れるチャンスはめったになかったようで 台湾の”航空迷”達も余りモノにしていない。高速道の無い花蓮まで足を伸ばすのは大変なのである。
天空的戦士
Sky Warriors
(1995〜1998)

上写真は、花蓮基地の外、海岸線のドライブイン付近で夕方待っていたら 降りてきた2機のT-38A。それまで 尾翼に何も書かれていなかったタロンが、この時は、黒一色ではあるが何かを書き込んでいた。帰国し現像してみたら8th AGのインシグニアであり 翌年からの撮影行に一層の意欲がわいたものである。

花蓮基地から離陸するT-38A(3818)、離陸したF-5Bを含む各種練習機は、期待を裏切ってすべて佳山基地に着陸したようで 1機も戻ってこなかった。