亡命したMig機
大陸中国から台湾に亡命したパイロットの多くは、台湾への直線コースではなく韓国経由で台湾に亡命した者が多い。その為 これら亡命Mig機を展示している岡山の空軍軍史館に展示されているのは、たった4機に過ぎない(他にイリューシンが1機ある)。これは、離陸した基地の位置にもよるのだろうが 当時の中国空軍がパイロットの台湾亡命に相当神経を使っており 亡命を決行しようとするパイロットにとって 台湾への直接ルートは、極めて危険だったからに違いない。韓国と中国の間には、国交が成立している為 亡命した機体は、基本的に中国に返還される。したがって台湾にある亡命Mig機は、直接台湾に飛来したものだけである。 
1962年3月3日に台湾に亡命したMig-15. 訓練飛行中に離脱し 台湾東部の桃園空軍基地へ着陸。パイロットは、弱冠25歳の劉承司少尉。
1977年7月7日 福建省の基地から飛行訓練中に離脱し 台湾南部の台南空軍基地に着陸したJZ-6(3171)偵察機仕様となっている機体らしい。亡命したのは、飛行中隊長 苑園炎。
1983年11月14日 中正国際空港に着陸亡命したJ-6戦闘機(83065)。亡命したのは、これまた中国人民空軍の飛行中隊長 王学成。スクランブルをかけた2機のF-5Eの誘導で建設途上にあった国際空港の第2滑走路に着陸したもの。
1987年11月19日に亡命したJ-6(40208)。パイロットは、福建省の基地から訓練途中に高度100メートル前後の超低空飛行でレーダーの追跡を逃れ 大陸に隣接する台湾領金門島の飛行場に舞い降りた。蒋文浩中尉24歳。
(Defection Wings from Red China)
HOME