33rd Rescue SQ
Page-2
Wings
HOME
とにかく 野菜を一杯食べて大きくなろうみたいなイメージで造られたキャラクターであるが 食品会社のミネソタ・バレー社が 如何に企業イメージを高めていくか工夫しながら 緑の巨人にJOLLYという名前を加えた。このイメージキャラクターは、1958年にはテレビ放送に載っているようなので もう60を超えた古いキャラクターであろう。
 救難のHH-53がどうして ジョリー・グリーンなのかは、想像でしかないが 緑色系の迷彩色を身にまとい 当時としては、巨大なヘリであったためにそうしたニックネームがついて行ったのだろうと想像している。本当は、いつもニコニコ笑った顔がこの巨人の特徴なのだが 最近の映画に出てくる緑の巨人は、やたらと強面のものばかりである。HH-60も 敵地で撃墜されたパイロットにとっては、頼りがいのある巨人なのであろう。
2015年6月 嘉手納の上空では、HH-60Gが盛んにコンバットレスキューの訓練を行っていた。この様子は、嘉手納の道の駅からもよく見えるため 観光客は、大喜びでカメラを構えて撮影である。私もチャンスを逃がすまいと シャッターを切ってみた。