2011〜2013
909th ARS
Wings
1970年代後半の嘉手納基地は、F-4の飛行隊が5個もあり SR-71やSACの部隊の活動も活発だったため ここで飛行するKC-135Aのフライト数も 現在とは比較にならないくらい多かった。冷戦が終了し F-15C/Dの数も50機前後まで減って来た今では、KC-135のフライトも貴重な被写体である。特に 909th ARSの機数が少なくなって 他の部隊から応援をもらいながら運用しているため 外来や外来風(尾翼などのマーキングだけが異なり 所属は、909th ARSの機体)KCを撮れるチャンスでもある。
 909thARSの機数が少ないと言っても 中国情勢や北朝鮮の動向から 極東の要石としての嘉手納の重要性は、拡大する傾向にあり 海兵隊や偵察部隊の支援も含め この基地からKCが消えることは、当面ないと言えよう。
HOME
2011年4月6日  ”ZZ-502"
2011年4月3日  ”ZZ-548"
2011年4月3日  ”ZZ-034"
2011年4月5日  ”ZZ-295"
2012年10月5日  ”ZZ-548"
2013年4月5日  ”ZZ-315"
2011年4月4日  ”ZZ-313"
ここ数年は、嘉手納に各地の給油飛行隊からの派遣応援が多いため ヤングタイガー尾翼(909thRS)のKC-135Rの機数が減っている。また 80年代では考えられなかったが 岩国の海兵隊機への給油サービスなども盛んにおこなわれるようになって 専用のブームを付けて飛行している姿も多くなった。
2013年10月2日 ”ZZ-113”
2013年10月2日 ”ZZ-019”
2013年10月4日13:14分 台風非難で嘉手納を離陸する最後のKC-135R”ZZ-999” 台風23号が10月6日に沖縄本島に最大勢力となって接近することから 10月3日の夜からKC-135は主に横田基地へ避難を開始した。4日のこの機体が最後の機体となった。
2013年10月3日 ”ZZ-493” 909thの司令官指定機は、この機体に代わっていた。