F-15C/D in 2013 
18th WG
Wings
いきなり 機種UPのどでかい写真を張り付けてしまったが 2013年4月4日嘉手納 R/W05における撮影。F-15もグレードアップしてまだ使われると言っても 確実に数を減らしてきており淋しい感じである。そんな中 2013年5月28日午前に離陸した1機のF-15が 沖縄県国頭村沖の海上に墜落し失われた。パイロットは、幸運にも無事脱出しており航空自衛隊の救難隊ヘリで救助された。
HOME
2013年に入り どういうわけか テールレターの黒文字化された機体が 急激に増えてきている。元々 完全なロービジ迷彩は、PACAFの航空団の中で 18thWGと3rdWGだけが徹底されていたが 昔に回帰しているようだ。
2013年の6月頃 韓国での定期整備で44th FSの隊長機に指定されたZZ-114(85-0114)、2012年5月14日に就任したデビット・エグリン飛行隊長から 7月にマイケル・ロー中佐が飛行隊長として就任した。しかし この後 44th FSの隊長機は、同時にZZ-124(85-0124)も存在した時期があった。
さて ここから下の写真は、2013年10月2日3日の両日に撮影したもので 嘉手納R/W05のタッチダウンを狙う公園からの撮影であります。
猛禽類は、素晴らしい視力を持っている、数キロ先からでも地上のネズミを見つけることができるのだ。空戦の世界も同じ パイロットの視力がよく 注意深く先に敵を発見した方がまず勝てると言われてきた。現代のジェット時代も操縦者の視力が良いに越したことはないが ”戦闘機の目”はパイロットの目と言うより 電波の目と言えるレーダーの性能如何に拠ることになった。レーダー性能の向上とステルス技術進歩は、相反する物のように見えて指向する方向は同じである。見る方と見られる方の立場の違いはあっても 見るという概念を基に研究が進められる。米空軍では、400機近いF-15C/DとF-15Eに対し ゴールデン・イーグル計画が進められ 2倍近い寿命の延長により F-35が主力戦闘機としての地位を確立する過程での戦力の補完をするようだ。嘉手納のF-15もF-35に更新されるまでの間 機体は、より強力な目を持たせるレーダーの交換が進行していくはずである。 
フライト終了して 次々に嘉手納に帰還する44thFSのF-15C/D、この写真から テールレターのロービジタイプと黒文字復活タイプの比率が良く分かる。2013年末は、すでに3/4が黒文字に復活してきていた。
click here
NEXT
2013年10月3日 久々に順光のタッチダウンが撮れたZZ-025 18thWG司令官指定機(84-0025)