Wings
HOME
F-15C/D in 2016〜 
18th WG
2015年から引き続き2016年も極東アジア情勢は、政治的にも軍事的にも不安定な状況と言える。それにしばらく米軍の軍事的な空白地帯であった南シナ海に 某国が次から次に要塞化をたくらんで大胆な行動に出てきたため やっと周辺諸国も平和ボケから覚め 真剣に対応策を考えるようになった。こういう時は、頼りになるのは米軍しかいないのである。フィリピンからの撤退後 南シナ海までカバーできる戦力は極東の嘉手納基地が近く 唯一の拠点でもある。18thWGが 南シナ海へ展開する余裕はないが いつでも出て行けるぞ!と後方から睨みを利かす場所として ますます重要になって来た。
 嘉手納基地そのものは、地元の反対運動の影響もあり 以前に比べ飛行時間も 航空機の数も少なくなっているが その戦略的価値は、軍事的に見れば計り知れないほど大きいのである。
NEXT
click here
2016年の嘉手納初回訪問は、1月20日から3日間。オハイオのF-16がグアムへ移動して アラスカのF-22 F-16が大挙して嘉手納に飛来したピークとピークの谷間に行ったことになる。2度目は、4月9日から3日間 ここでも雨にたたられ苦戦したが R/W工事の為 意外な場面に出くわして F-15については、成果もあった。この2回の嘉手納行を纏めて 並べてみよう。
2016年4月13日 午前中 風は、幸運にもR/W23 訓練を終えて戻って来たF-15が 低空パスを行う。
タッチダウンの瞬間に発生するタイヤと滑走路の摩擦煙。 滑走路は、定期的にメンテをしなければ ゴム粕がこびりついてしまうのだ。
 雲が垂れて天気が悪いと パイロットの心境として 早く雲を突き抜け上昇したいと考えるのではないかと勘ぐったが 離陸時低空飛行で グイグイ引っ張るパイロットが多い。2016年4月11日 13:50 午後最初のフライト。
2016年4月12日 10:05 それまでデルタから空軍駐機エリアに曲がっていた機体ばかりだったが この日の朝は、雨のせいかエコーまで転がった。ランウェイエンドが工事で抜けられないため 海軍機駐機場を経由して デルタまで戻り駐機エリアに向かう。めったに見れないシーンである。
もっとラッキーなのは、翌13日午前中 風が南風になり R/W23 ライト上がりとなった事。F-15C/Dは、皆 目の前を転がってくるので 何年ぶりかのシーンを楽しめた。
この時の嘉手納基地は、67thFSの14機ほどが アラスカ エルメンドルフへレッドフラッグで出かけていた為 フライトの中心は、黒い吸血鬼ばかりである。赤の闘鶏は、67thFSの隊長指定機のみ。
1/125秒で流し撮り 5機上がったF-15の内 最初の3機だけがABを使用して離陸した。
下写真は、少し時間が戻るが 2016年1月19日に 嘉手納R/W05 ライトでの着陸シーン。拡大してみた。
上の写真は、撮影時にひやっとした。視界の悪い雨模様の中F-15が離陸して行ったが、鳥の群れが彼らをさえぎるように飛んでいた。エンジンに吸い込まれたら大きな事故につながらないとは言えず どの基地、飛行場でも鳥対策は重要である。