18th WG
F-15C/D in 2017~ 
2016年から2017年と北朝鮮の動向が劇的に変化し 国際社会が訴える話し合いによる解決を一切無視した形で アメリカへのICBM弾道ミサイルでの威嚇に奔走している。広島の10倍以上の威力を持つ150キロトンとも200キロトンともいえる核兵器の実験も強硬し しっかり国際社会から孤立の道を進んでいるが、長い間平和に浸っていた日本もいよいよ何らかの手を打っていかねば 向こうのペースに巻き込まれてしまう心配まで出てきた。
アメリカは、圧倒的な戦力を誇りながらも ちょっかいをかけてくるチビのロケットマンにウンザリしているようであるが、じっと相手が最初に手を出すのを待っているようにも思える。いざ 武力による解決の道に進めば、在日米軍は、矢面に立つことになるので 沖縄の部隊もいつでも戦えるよう 準備は整えているはずである。平和的な解決ができれば越したことはないが、何も失うものがない独裁国家は、ある意味強いので 今の段階では、プレッシャーを与え続ける事しか 方法はなさそうである。2017年7月の嘉手納の様子をお伝えしよう。 

2017年7月5日07:42 67FSのF-15C/Dは、朝早くから訓練を開始した。丁度 前日までは独立記念日などで休みであった為 休み明けの訓練開始という事で気合が入っているように感じたが、早朝の為 陽炎に悩まされることがなく すっきり撮れるのがうれしい。

2017年7月4日から3日間 嘉手納に展開したが、コロラド州空軍のF-16Cが飛来しており 18WGのF-15C/Dの飛行も彼らとのDACTに合わせた形で行われていた。制空を担当する18WGのF-15達は、いざ半島での紛争が始まっても 攻撃任務の主力にはなりえないため グァムからの爆撃行の護衛任務と沖縄から半島にかけての制空任務が主な仕事となるだろう。

Wings
HOME