18th WG
F-15C/D in 2021 

5月の嘉手納は、吸血鬼達の独壇場・・・軍鶏たちはアラスカに出かけ あまり残っていない。そういえば、2021年5月のニュースで糸満市議会で「闘鶏の禁止」が不採択になったという記事が出ていた。まだ 沖縄では盛んに闘鶏が行われているらしい。ただ、けがを負い頭骨丸出しや目が潰れた軍鶏を路上に放置されていることが問題視されていて 動物愛護を強調するつもりはないが、これを文化だと言ってかたずける話でもないと思う。
↓ 軍鶏も少しは残っているようだ。

2021年は,アメリカがバイデン新政権に替って最初の年である。バイデン君に変わっても、トランプ君が在任4年間に中国との関係を先鋭化させた事でアメリカの中国に対する世論も大きく変化し、対中国の政治姿勢は厳しさを増していく流れは変わらない。そうはそうだろう、中国・・・今までオバマ君が見て見ぬふりをしてきた事に調子に乗りすぎ、それまでアメリカ国内に渦巻いてきた反中国的世論とトランプ君による外交の方向転換に政治的対応が着いていけない様子だ。中国政府も相当当惑しているだろうが、経済的に力をつけた上で安っぽい軍艦や航空機を大量に作って量的規模拡大を図り 自ら大国だ強国だのと陶酔に陥り周辺国を圧迫して、時代を20世紀初頭の帝国主義時代に戻そうしてきたつけをこれから払ってもらわねばならない。

バイデン君も本来なら中国とは、WinWinでやりたかっただろうが、アメリカ国民がここまで中国を敵視するようになってしまっては、民主党の伝家の宝刀「人権擁護と反差別主義」を旗頭に、中国に圧力をかけ続けるしかなくなった。極東に配備されたアメリカ軍はこうした政治状況に敏感に反応し、これまで以上に対中国を意識し 台湾有事を想定しながら演習を続けている。2021年の嘉手納を久々に覗いてみた。(2021/5 記)

5月風は強い南風、梅雨前線は、九州南に上がっていて沖縄は晴天であった。18th WGの一部はアラスカに訓練に出かけ 機体は少なかったが、午前中7-8機のフライトは行われた。その内 3-4機は、ランウェイクロスして R/W23 Rightで離陸だ。

HOME
Wings

腹の下にスナイパーXRをぶら下げている。イーグルⅡの開発を見てもわかるとおり これからのF-15に求められるのは、迎撃任務だけではないことが分る。端的に言えば迎撃も得意な重戦闘爆撃機と言うのがイーグルに求められる姿だ。