18TFW
Wings
click here
NEXT
The Peiod of F-15C/D Page-2
F-15C/Dが配備されてから18TFWの戦力は、一時的にF-15 3個飛行隊のみに数量的に減じている。F-4Dを配備していた25th TFSが 韓国の51TFWに移動 A-10Aに機種更新し 唯一の偵察飛行隊15TRSが、1989年に解散して嘉手納の空は、F-4時代に比べ一段と静かになってしまった。但し 当初18機編成だった各飛行隊は、24機のビックスコードロン化され C型22機 D型が2〜3機の構成になっていたはずである。嘉手納のF-15は、ほぼ1978年度会計の機体で固まっており 下3桁が 469〜572までのシリアル番号であったため 他の飛行隊との区別がつきやすかった。米空軍が沖縄にF-15の当時最新型を装備したのは、東アジア地域でこの足の長い戦闘機を運用するのに最も都合の良い場所が 嘉手納だったからで 北朝鮮との紛争を予想した場合 51TFWの足の短いF-16、A-10が 韓国国内から敵を叩きに飛び立つのを 嘉手納からのF-15が制空権の確保のため 朝鮮半島北部まで充分カバーできるのである。また 当時はあまり脅威になっていなかったが 台湾との緊張が想定される中国を牽制するにも 丁度良い位置である。嘉手納は、逆に言えば中国 ロシア(当時ソ連)中国の何処からも 相当の距離があるため最前線基地という緊張感はなく 西ドイツに配備されたビットブルグのF-15航空団 第36戦術戦闘航空団(36th TFW)のように かまぼこ型のシェルター運用も当時はされておらず 韓国に分遣隊を出している機体だけが そのような運用を行っていた。
Tailmarking of Commander's
Tailmarking of 12 TFS
Tailmarking of 44 TFS
Tailmarking of 67 TFS
各地の航空祭(OH)に参加したF-15Cは、その機動力を観客に見せ付けた。予備機も含め2〜3機で飛来することが多く 左写真も厚木のOHに飛来した時のものである。尾翼のシェブロンは 一番外側の色が 各飛行隊のスコードロンカラーとなっている。12th TFSは、イエローが飛行隊カラーであるから 中心から青、赤、黄の順に彩りされ 黄が一番面積があるように出来ている。
このように 12th 67th 44th の各飛行隊の尾翼を並べてみると その配色がよくお分かりになると思う。44th TFSのスコードロンカラーは、ブルーであるが ほとんど黒に近い濃紺で表現されていた。
上2枚の写真は、いずれも18TFWの司令官機のエンジンインテークであるが、撮影時期が違う。上は、インシグニアの内 44thTFSのものが 剥れているが、まだ 15TRSが嘉手納にいた頃のもの 下は 15TRSが解散後のもので18TFWは、F-15C/D 3個飛行隊だけに縮小された時期のもの。こうしてみるとインテークだけでも 歴史の流れがわかるというもの、
国籍マークは、1982年以降 徐々に黒い線で書かれたロービジタイプのものが主流になっていていた。78-0563は、F-15Dで複座型 後にオレゴン州空軍に配置換えになっている。
左写真のF-15C(78-0514)は、後にラングレーの1st FWに移動した。。
HOME
1982年頃 嘉手納の18th TFWに配備されていたF-15C/Dをシリアル毎に整理してみよう。(62機)

ZZ-469 (78-0469)            ZZ-500 (78-0500)            ZZ-530 (78-0530)
ZZ-470 (78-0470)            ZZ-501 (78-0501)            ZZ-531 (78-0531)
ZZ-472 (78-0472)            ZZ-502 (78-0502)            ZZ-532 (78-0532)
ZZ-473 (78-0473)            ZZ-503 (78-0503)            ZZ-536 (78-0536) 
ZZ-474 (78-0474)            ZZ-504 (78-0504)            ZZ-537 (78-0537)
ZZ-476 (78-0476)            ZZ-506 (78-0506)            ZZ-538 (78-0538)
ZZ-477 (78-0477)            ZZ-508 (78-0508)            ZZ-539 (78-0539)
ZZ-478 (78-0478)            ZZ-509 (78-0509)            ZZ-540 (78-0540)
ZZ-479 (78-0479)            ZZ-510 (78-0510)            ZZ-541 (78-0541)
ZZ-480 (78-0480)            ZZ-511 (78-0511)            ZZ-543 (78-0543)
ZZ-481 (78-0481)            ZZ-512 (78-5012)            ZZ-544 (78-0544)
ZZ-482 (78-0482)            ZZ-515 (78-0515)            ZZ-545 (78-0545)
ZZ-485 (78-0485)            ZZ-516 (78-0516)            ZZ-547 (78-0547)
ZZ-487 (78-0487)            ZZ-517 (78-0517)            ZZ-562 (78-0562)
ZZ-489 (78-0489)            ZZ-518 (78-0518)            ZZ-567 (78-0567)
ZZ-491 (78-0491)            ZZ-519 (78-0519)            ZZ-571 (78-0571)
ZZ-492 (78-0492)            ZZ-520 (78-0520)
ZZ-493 (78-0493)            ZZ-522 (78-0522)
ZZ-494 (78-0494)            ZZ-524 (78-0524)
ZZ-496 (78-0496)            ZZ-526 (78-0526)          
ZZ-497 (78-0497)            ZZ-527 (78-0527)          
ZZ-498 (78-0498)            ZZ-528 (78-0528)          
ZZ-499 (78-0499)            ZZ-529 (78-0529)
上の掲載写真との比較でも ZZ-490、ZZ-563等が漏れているが 当然前後にも機体の交換などがあるために これらのリストは、あくまで参考程度に見てください。