25FS
Page-8

2021年5月朝鮮半島米軍基地から横田基地に大挙してA-10Cが飛来した。オーサン基地に所属する第25戦闘機中隊アッサムドラゴンのA-10C 14機は、横田基地を経由してアラスカの「レッドフラッグ・アラスカ 21-2」に参加するため飛来したもので、多くの航空ファンが横田基地にこれらの離陸を狙って集まった。我が悪友のフニュフニュ君もしっかり横田でのこのチャンスを逃すことなく、ターゲットを捉えていた。さすがである。
 今回、アラスカで行われるレッドフラッグ演習では、エルメンドルフ・リチャードソン統合基地をベースに、太平洋側とカナダ北西部を訓練空域として使用し集結したのは、20個中隊以上の航空部隊と1500人の人員、そして航空機の数で100機を超えると言うから、かなりの規模の訓練であったはずだ。アメリカ海空軍も含め6か国が参加し、航空自衛隊からも那覇の304Sqと204SqのF-15J、E-767等が参加し、期間は6月10日から25日までの15日間となっていた。(2022/1月 記)


フニュ君からの追加情報によると、横田を離陸したA-10は、演習に向けて必ず故障対応の予備機を持っており、この日に上がった機体の内2機程度は予備機で、三沢まで飛んで戻ってきたそうである。またアラスカまで飛行の間、空中給油を行う上で安全を考慮して、太陽の出ている時間内に給油する為には出来るだけ朝早く離陸する方が良いので、午前6時からしか飛行できない横田基地では午前5時ぐらいにエンジンをかけ午前6時過ぎの離陸となることが多いそうである。

80-0245
第7空軍の司令官指定機でオーサンとクンサンの両基地にある4個飛行中隊のスコードロンカラ―を尾翼のチップに並べてある。アリゾナ州のデービスモンサンAFBの355th WGから来た機体で、このマーキングで2017年の岩国基地の公開にも展示されている。
80-0167
78-0716
A-10C(78-0716)、1978年会計年度発注のかなり古い機体で、シリアルも今まで馴染みの薄い番号だが、なんとニューオリンズのリザーブ飛行隊706th FS(テールレターは、”NO”)から来た機体である。
A-10C(79-0159) 以前は23d FWに所属し機種にフライングタイガースのシャークマウスを付けていた機体で、その後51stFWに移管された機体。51st FWとしては追加分のA-10Cでシリアルとしては目新しい。
2021年5月26日横田を離陸する8機のA-10C、5機+3機が時間差で離陸しアラスカに向かった。
HOME
79-0211
80-0153
79-0159
78-0615

これも従来見られなかったシリアル、A-10C(78-0615)もANG部隊である103rd FW/118th FSからの移管機、以前は、”CT”のレターを付けていたが、A-10部隊の縮小で余剰機が前線に振り分けられた事例である。

82-0651

2021年5月26日 6時40分を過ぎて横田を離陸する第二派3機のA-10Cの1機、A-10C(82-0651)、A-10が最後に発注された1982会計年度の機体で、当初は、OA-10Aとして配備された。51st FWの作戦群司令の指定機で、2012年の横田公開でも展示されているが、当時から51st OG指定機ではあったものの、尾翼は機首方向から緑・赤の塗り分けで、黄黒のチェッカーはなかった。

Wings