26th TFTS (T-38A/F-5E)
西太平洋で唯一のアグレッサ−飛行隊であった。F-5を使っていた部隊は、アメリカ本国以外では イギリスのアルコンビュリABにアグレッサ−飛行隊しかなく 日本の航空マニアにとってF-5Eを拝める少ないチャンスをこの部隊が与えてくれた。
 1978年の3月と記憶しているが 嘉手納に行った時である、クラークにF-5Eが配備されたことは知っていたものの 撮影できるとは考えていなかった。
VMA-214の項でも書いたとおり 嘉手納の”日の出ホテル”に宿泊 (私の隣の部屋は今や有名な航空写真家のT・K氏と某航空雑誌の編集長M・I氏が雑魚寝していた。)していたある朝 曇り空に突然「ドドドー!!」と爆音 私もT・K氏 M・I氏共にすぐにベランダに出てみた。なんとF-5Eが 5機編隊を組んで嘉手納の上空をパスしているではないか! T・K氏は、落ち着いて「ビックアロー編隊の体系だね・・嘉手納初飛来じゃないの」と言っていたが 私は落ち着いてなどいられない。何せはじめて見るF-5Eである。今日/明日から訓練やってくれるのかどうかが気になって すぐ様子を見に RUNWAY05エンドに走った、しかし・・・何とその日は数時間の滞在でフィリッピンに帰ってしまったのだ・・・ 
  すっかり意気消沈していたが  翌日 今度は4機で再び飛来してくれた。迷彩は各機異なっており K・T氏から 「スネーク/リザード/シルバー/パッチ−ズ」と言う迷彩パターンであることを教えていただいた。幸い この4機は数日間18TFWのF-4と訓練を行ってくれた為 わたしは撮影を堪能できた。   26TFTSのF-5Eの第一印象は”す、すごい ひねりこみする飛行機”・・・ 機体ではなくパイロットの腕がいいのである。
NEXT
click here
初飛来の翌日再び嘉手納を訪れたF-5E 
 翼と翼の間は3メートル程度 見事な編隊である。
この写真 200mmレンズをほぼ真上に向けて撮ったもの、機体は地面に対しほぼ90度 機体の上部にあたっている光は 05の早朝の東からの朝日である。なんと言うタイトなブレークをするパイロットなんだろー! 感心しちゃいます。
Wings
(74-01575)
(75-0612)
(74-01561)
(75-0616)
上の写真、左からブルー系迷彩の”パッチ−ズ”、3色迷彩の”スネーク”、サンドとダークブラウンの2色迷彩の”リザード”、グレー系迷彩の”ゴースト”の4種。下の写真2枚は、嘉手納R/W05でテークオフに向かうF-5E 4機、機種番”14”は、全面無塗装の”シルバー”と呼ばれたパターンのものである。アグレッサ−のF-5Eは、塗装のバラエティーでも楽しめた。
(75-0617)
(74-01562)
嘉手納基地内で撮影されたF-5E
26thAS リザード62である。この頃 確認できた機体は、5種類の迷彩がそれぞれ2機ずつだったので フィリピン・クラーク空軍基地には計10機のF-5Eがいたはずである。私個人的には、ブルー系迷彩の”パッチーズ”とこの写真の”リザード”が最も美しいと思っている。
撮影した本人からは聞いていないが、この写真は後ろにF-15が写っている事から 1980年以降のものである。この部隊 後に18TFWに移管され1990年に解体されたが、それまでに各機体迷彩パターンを換え より複雑な迷彩に変更している。この後少しずつ紹介したい。写真は、グレー系の”ゴースト”17で 機種番16.17がこの迷彩だった。ネリスでも一番多い迷彩パターンで 機数を多く所有していたが 迷彩効果が一番よかったのかもしれない。
HOME