PN-239 (71-0239)
NEXT
click here
HOME

↑ 翌1980年には、尾翼のチップを赤黒のチェックに変えた新塗装に変わったF-4E 68-0312。バターンの地図は消さず残されている。若干 ベトナム迷彩のパターンが塗り替えられ変化が見られた。

PN-355 (68-0355)
↑ エグリンAFBの31TFWがE型からD型に機種変更して 転換訓練部隊となった為 余剰となって 3TFWに廻って来た機体である。フィリピンからの飛来の場合 このように 翼の2本の燃料タンクとセンタータンクの3本タンクにパッケージ・ポットと言う出で立ちが 多かった。 
PN-088 (71-1088)
3TFS / 90TFS  (F-4E/G)
E型の特徴の1つに 翼の前縁スラットがあげられる。ここ機体では、このスラットがはっきり判る。これは 空戦(ドッグファイト)における機動力を向上させた。また 翼の付け根に筒のようなものがあるが これは後期型につけられていたコンバット・ドキュメーション・カメラであある。
PN-392 (71-1392)
第3戦術戦闘航空団(3rd TFW)は、1974年からフィリピン クラーク空軍基地に展開し、2個飛行中隊約50機ほどのF-4Eを擁していたが、1979年頃よりF-4Eに加え 第90戦術戦闘機中隊(90th TFS)には、対レーダーサイト、対空ミサイルサイト攻撃を専門とするF-4Gファントムが13機ほど加わり それらの機体はクロスカントリーやノープノース演習などで 嘉手納だけでなく 度々本州の横田・三沢基地などにも展開し ファンを喜ばせた。特に1970年代の末期から機種に描かれたシャークマウス(鮫口)は、ベトナム戦争時の388th TFWを彷彿させるもので 多くのファントムファンを熱狂させてきた。F-4ファントム空軍配備機は、1980年代に入ると所謂ベトナム迷彩と呼ばれたコスチュームから 機体の下面まで暗い迷彩色で塗り固めたオーバラル・カモフラージュが現れ その後”タン”と呼ばれる明るいサンド色の部分をダークグレーに変更したヨーロピアンⅠ、そして当時はエジプトⅠと呼ばれたグレーの2色迷彩にいたるまで 多彩な衣装をまとって我々ファントムファンの前に現れ魅了していった。3rd TFWの機体も絵意外にもれず こうしたマーキングの変遷をたどっている。
PN-391 (71-1391)
1980年代に入り 機首にシャーク・ティースを入れた3TFWのF-4E。シャーク・ティースは、51CWのものと口の輪郭が異なり ベトナム戦で有名だった388TFW(”JJ”とか”JV”のテールレターを付けていた)のF-4Eのものに近かった。3TFWの所属機は、80年代に入ってから クロスカントリー等で横田基地を訪れることが多くなり この何とも魅力的な機体は、多くの航空マニアを魅了した。
 日米のDACTと言えば、今や年中行事となったが そもそも1978年11月に三沢基地で この部隊を向い入れてスタートしたのが 最初である。当時日本で開催された場合”コープノース” フィリピンのクラークで開催された場合は、”コープサンダー”と呼ばれていた。コープノース79-1で、自衛隊の参加部隊は、8SQのF-86、302SQのF-4EJ、203SQのF-104J、3SQのF-1と4部隊4機種・・バラエティ豊かだった。

↑ 1979年頃 確認された第3戦闘機中隊の隊長機指定機、尾翼チップが鮮やかな青に塗られ この時期から2個飛行隊は、90thが赤 3rdが青に塗られるようになり 見分けがつきやすくなった。インテークベーンに”Check Six”12時の後方に注意というマークが書かれていた。

↑ 1979年後半頃から横田基地にも良く飛来した第3戦闘航空団の司令官機塗装をされたF-4E 68-0312。尾翼の”3rd”などレターは、その後黒に変更された。機首にマレーのバターン半島の地図をいれ 第二次大戦中の”バターン死の行進”を忘れるな・・と言う意味らしい。

PN-392 (71-1392)
Wings
PN-458 (68-0458)