Wings
click here
NEXT
35FW
The Peiod of 2007〜2009
35FWのページも以前の記録の整理が追いつかないため ページの更新が後手後手のなってしまうため 一気に2007年からのページにワープすることとした。何せ某国に在住しながら 三沢・八戸は2007年2008年とまじめに足を伸ばした。この2年アメリカにも遠征していない分 国内で頑張るしかないのだった。また 2007年からスライドフィルムと併用し始め KR-64の国内販売の停止に伴い2008年には泣く泣く完全にデジタル化となった私であるが 現像とフィルムスキャンの手間から開放され またデータの移動も簡単なデジタルカメラのおかげで HPの更新も楽になったとは、皮肉な結果でもある。
(2007)
(2007)
(2007)
(2007)
(2007)
2007年9月1日 08;00 八戸の基地祭に飛来したデモチームの2機のF-16C(CJ)は、WW-802とWW-820であった。朝方は小雨模様の天気だったが 昼過ぎには見違えるような晴天となった。
90-0802と90-0820 共に 14th FSに所属、黄色のチップラインで 侍マークである、90-0801を筆頭に 配備当初は90-0800番代は14th FSに配属されている機体が多く 21機が確認されたが 2008年現在では、機体の入れ替えで13th FSへの移動したものもある。 
三沢に行くとこのシーンが撮りたいと思う、そう F-16のタッチダウン寸前のワンショットである。第5空軍司令官(ブルース・ライト中将)の指定機になっているのは、92-3895。かなり 新しい機体である。尾翼のマーキングから機体の整備・運用は、14th FSが担当しているようだ。
2008年9月7日 三沢に展示されたF-16C 90-0802 AMRAAM サイドワインダー JDAMと兵装満載の展示。空気取り入れ口には、「三沢市市制50周年」のステッカーを貼って 友好をアピール??
上の写真2枚のF-16Cの空気取り入れ口に付けられた先端の白いポッドが 対レーダーサイト破壊用のミサイルHARMを目標に誘導するAN/ASQ-213 HTSポッドで 多分最新のR7と思う。HTSは、Harm Targeting System で 字のままの意味である。 
(91-0357)
35th FWのコマンダー指定機になっている”91-0357” 今まで見慣れないシリアルの機体だが 最近までショーAFBの第20戦闘航空団にいた機体で移動してきたようだ。この機体の装備を見ると 正に35th FWの任務を代表している形である。空対空のAMRAAMを4発 内側パイロンには、HARM、そして 空気取り入れ口右側は、AAQ-33スナイパーポッドXRで最近改修を終えたF-16CJ/DJに運用が可能となった。AAQ-33スナイパーXRは、ロッキード・マーチン社が開発した新型ターゲッテングシステムで GPS対応のJDAM弾を的確に目標にセッテングすることができるらしい。敵のレーダー施設の完全破壊を任務とする35th FWには2007年から配備された新しい装置である。右側には HTS。
WW-884 at YOKOTA AB in 2008
WW-838 at YOKOTA AB in 2009
横田基地オープンでは、すでに常連になって久しい35th FWのF-16C/Dではあるが、意外と展示機数は少ない。2008年は、2機 2009年は、1機だけであった。WW-838 F-16DJは、2年連続の参加である。13FSと14FSに各3機のF-16DJ(複座型)が配備されているそうだ。
WW-357 at Miasawa AB in 2008
WW-399 at Misawa AB in 2007
WW-802 at Misawa AB in 2008
WW-820 at Hachinohe Base in 2007
WW-913  Miasawa AB in Oct,19、2009
HOME
後に5AFの司令官指定機になるWW-884(92-3884)2010年末まで指定機を勤め WW-921にその座を譲った。