36FS
Wings
.......MM君 2004年9月撮影の烏山空軍基地正門
Main Gate of Osan AB (photo by Mr.MM)
36戦闘飛行隊(36th FS)が、本拠地とするオーサン空軍基地は、韓国京畿道中部の都市烏山市にあると思っていたら 実は平澤市内に存在する。ちなみに烏山市は、首都ソウルから南56kmに位置し 人口11万4千人の中都市であり オーサン基地に近いが市内ではない。 オーサン基地は韓国にアメリカ軍が建設した唯一の空軍基地であり 平澤市内には もう一つキャンプ ハンフリーと言う米陸軍の大きな基地があるとのことだ。オーサンの建設は1952年11月で 9000フィートの滑走路を持つ基地として誕生 その後1954年に更なる拡張が行われている。現在は第7空軍の本部が置かれ 複合情報偵察地上センター(KCOIC)という 戦時に指揮統合をするセンターがあるらしい、U-2Rをここに配置しているのも このセンターでU-2からの情報を吸い上げ 韓国軍 米空軍 第7艦隊が共有しているとの事である。
51FW "The Mustang Wing"
2003年秋から 36th FSのF-16CGの尾翼にムスタングマークが移り始めた。まずは51FWの指令官機であったF-16(90-0711)が、尾翼に書き その後他の機体も尾翼にムスタングを描くようになった。
click here
NEXT
(89-1014)
(89-2136)
(89-2168)
(90-0779)
(89-2122)
(90-0774)
(89-2122)
(89-1014)
(90-0771)
(90-0743)
(89-2136)
HOME
この90-0771は、2003年−2004年に掛け 51stFWの司令官機に指定されていた機体だ。
Page-2