Page-5
36FS
PACAFの基地で近い割に行けていなかったのが 在韓米軍のオーサン空軍基地であったが 2011年10月初めて訪れることができた。ここには毎年多くの日本のマニアも行っていたのだが 情報が意外と少なかった為である。友人の誘いを受けて休みを工面しながら漸くたどり着いたオーサンは、入場制限は厳しいものの 中に入れば想像以上に開放的であった。
 36th FSのF-16C/Dは、主に横田や三沢で撮影の機会が多かったが 地元で撮影できることが一番である。ソウルから地下鉄を乗り換えてかなりの時間がかかるが 松炭駅で降りて 徒歩で正門まで行ってみた、しかし 正門からの入場はできない。入場できるドーリトル・ゲートというもう一つの入り口まではさらに歩くが ランウェイエンドが近いので なんとなく外撮りの場所も想像できる良い場所であった。
HOME
Wings
小型の300oレンズを某国から持ち込んでの撮影であったが ランウェイが近いため 低い状態での離陸を捉える事が出来 満足。全機がAMRAAMとAAM-9S そしてECMポッドを担いでのテイクオフである。
タッチダウンは、タキシングの距離を節約するためか 逆から下りてきた。撮影位置からだと まだ前脚を降ろしていない状態である。
(2011)
(2011)
(2011)
click here
NEXT