Page-6
36FS
(2012)
(2012)
Wings
2012年8月18日横田で開催された航空祭に展示された2機のF-16C。嬉しい常連となったお隣 K国(キムチ)にあるオーサン空軍基地からの来客だ。オーサン所属のクルーの右胸のPACAFのパッチは、数年前から赤と黒が基調となっていることが多い。
HOME
横田基地の8月のフレンドシップディー、最近常連のように参加してくれる51st FWのF-16C。以前はF-4E時代からの伝統か三沢・岩国の常連として展示されても 横田に来ることは極めて少なかったため ”OS”というテールレターには未だに強い憧れが残っている。1988年10月当初配備された機体は、現在ブロック-40に更新されており スナイパーXRを装備して JDAMの運用も開始された、ミサイルは最新のAIM-9Xと最先端を走っている。2012年8月に横田に展示された2機のF-16は、両機ともにAN/AAQ-33 スナイパーXRとAIM-9Xを付けての展示であった。2012年の春からは、AN/ASQ-213 ハームターゲッティングシステムも導入済である。
click here
NEXT
さて 2012年も昨年に味をしめてオーサン空軍基地へ遠征することにした。天気さえ良ければ”OS”のF-16Cが何機か撮れるはずである。事前に友人から オーサンは、第2滑走路を建設中との事。 2700メートル1本だけだと さすがにつらいのだろうが 周辺に住宅が増えてきている環境から 反対運動もあったのではないだろうか 新管制塔も建築中で、最近 太平洋空軍の司令官が視察に来ている。
デモフライトに使われた機体は、昨年と1機も重ならないが 展示飛行の際の携行火器と装備品は、全く同じである。こうした機会に幅広く 第36戦闘機隊は、最新の装備で構えているんだよというデモンステレーションが 周辺諸国に対する抑止効果としても重要なのである。