Page-7
36FS
HOME
Wings
F-16のエンジンカバーに描かれていた”Fiend"のマーキング
36th FSの部隊名 ”Fiends”・・・悪魔という意味である。英語で「悪魔」と言っても”Devil”とか戦略ミサイルに使われた”Satan" デーモン小暮・・ではなく海軍戦闘機F9Hの”Demon”とかいろいろある。辞書を調べると ”Fiend”という単語は、元々「憎む」という意味で それが「敵」となり人類の敵=悪魔・・と変化したらしい。悪魔で真っ先に頭に浮かぶ”Devil”は、「中傷するもの」というギリシャ語が起源で そこから悪魔に変化したものだそうだ。”フェーンド”と発音するらしいが 友達のFriendにスペルが似ているので 気を付けたい。一説によるといろいろな悪魔の中で 悪魔に取りつかれたような「悪魔っぽい奴」として使われる事が多く 悪魔界ではデーモン デビルに次いで一番格下という節もある。「フェーンド小暮」では、一生パシリで終わってしまうから デーモンにしたのね・・・
 36th FSの”Flying Fiends”をイメージしたのが 右のインシグニアなのであるが デザインが凝りすぎて 狼男みたいになっている。いずれにせよ彼らは、格下であろうが無かろうが 空飛ぶ悪魔として恐れられたいのである。
2012年10月20日と21日両日開催されたオーサンエアパワーと言う名の開放日、両日 F-16のフライトがあったが 昨年に比べフレアーの投射数が大幅に少なくなっており 予算の節減があるのかも・・・
シリアルが異なる機体を 同じパターンで並べたくなるのが 私の悪い癖・・・・でもまたやっちゃいます。
一枚だけ撮影場所が異なり違うのは、21日に”OS-033”と入れ替わってフライトした”OS-127”。
韓国在中の部隊であるから 韓国軍との共同演習は当然多いだろうが 最近のアジア情勢から 36thFSは、シンガポールのパヤラバ空軍基地に77人のメンバーを派遣して シンガポール空軍の空戦スキル向上のための支援も担当している。
click here
NEXT