36TFS
1976年の春 確か横田基地に通い始めて2回目の時だったように記憶している。 初めてコントロール・タワーの脇に駐機する戦闘機らしき機影をドライブインから確認できた。この日は天気が悪く その後飛来した VMFP-3"RF”のRF-4Bが T/Gを繰り返して 目はそちらに奪われていた。 やがてその迷彩を施したF-4Eは、モゾモゾとTAXINGを始め R/W18でどこかに飛び立っていった。考えてみれば 私にとってこの日は、RF-4も含めF-4ファントムの動いているお姿を始めて拝んだ記念すべき(?)日であったのだ。どん曇の空模様の中 離陸したF-4Eは、尾翼に”OS"と白くかかれており 後に36TFSの所属で 韓国烏山基地に駐留している部隊であることを知った。その何日か後に 再び横田を訪れた際 ”OS”のファントム4機の離陸を目にすることがあり その頃は、「横田に来ればいつでもファントムが撮れる!」と言う大きな誤解をしていた。後に通えど通えど戦闘機は来ない・・・と言う挫折を味わうことになるのだが。 
36TFSは、過去横田に駐留していたF-4C飛行隊の3羽烏”GG/GL/GR”の1つであった。F-105時代には、初めてベトナム戦に投入された飛行隊として知られる。1971年 第5空軍の戦闘機部隊の再編成の再 横田のF-43羽烏を束ねていた347TFWが移動し 韓国に当時新編された3TFWに傘下の部隊をすべて移管し 機材の1部を嘉手納の18TFWに移管した。 35/36/80の各TFSは、それ以降韓国に駐留し 日本本土には F-4を含め戦闘機部隊が不在となり クロスカントリー等で訪れるおこぼれしか撮影でき無くなったわけだ。(2002/7/6 記) 
第51混成航空団(51CW)は、1974年の10月に韓国の烏山空軍基地で誕生している。当初は、その頃 極東(フィリピンを除く)でF-4Eを配備している唯一の航空団であった。 M-61A1 20mmバルカンを機種に装備して 従来より全長が1.5メートルほど長くなった分C/D型よりスマートに見え 私は好きだった。
ここの2枚は嘉手納基地にランディングする36TFSのF-4Eを撮影したものであるが、OS-294は写真を焼きこみすぎて黒くなり見ずらいし OS-309は光線がTOPの状態で共にご紹介するには申し訳ない写真である。36TFSは、フィンチップを赤としていたが、後に51CWに加わった497TFSは、青であった。
在韓米軍は、在日米軍と異なり 対ソ連.戦略の戦力と言うより韓国の防衛に主眼が置かれていた。51CW/8TFW共に主任務を北朝鮮の航空攻撃に対する防衛としているが 8TFWが対地攻撃に重きをおいていたのに比べ 51CWは従来制空戦闘に力を入れていた。嘉手納基地へのF-15C/Dの配備に伴い 韓半島の制空任務までカバーできるようになって 51CWも対地攻撃任務に比重をかけるようになり 装備も強化されたと言う。
Insignia of 36FS
1980年代に入って 36TFSのF-4Eが、何と機首に鮫口”Shark Mouth”を入れ始めた。E型にはベトナム戦当時 有名な388TFWがシャークマウスを書き込んでいたが このタイプのファントムにはよく似合う。こういう魅力的な機体が撮影できたら 誰でも写真マニアの世界に引き込まれてしまうだろう。この頃 飛行機の撮影にはまり始めたマニアは多いはずだ。
click here
NEXT
クンサン空軍基地(Kunsan AB)に本拠地を持つ第8戦術戦闘航空団(8TFW)にあって ティグ基地に唯一配備されていた497TFSは、F-4Dを手放し F-4Eを受領した。1982年1月1日のことである。この日をもって497TFSは51CWの傘下に入り 51CWはF-4E 2飛行隊を持つ航空団と戦力を倍増、名称も第51戦術戦闘航空団(51TFW)と改称されたのである。左 3枚の写真も497TFSのF-4Eで 尾翼のフィンチップは”ブルー”である。
F-4E of 497TFS ( 68-0353 L & 68-0349 R )
F-4E of 497TFS ( 68-0339)
F-4E of 497TFS ( 67-0369)
& 497TFS
1984年になると オーバーラル・カモフラージュの他に ”ヨーロピアン 1”と言う暗い迷彩が目立ちだし 航空機マニアの気持ちも暗〜く(?)なった。しかも この2機のF-4Eは、カメラを構えて 目の前を転がることを期待して待っていた多数マニアたち(背景に写っている)の期待を裏切って ランウェイバックして 離陸していった。
F-4E of 36TFS ( 68-0453)
F-4E of 36TFS ( 68-0421)
F-4E of 36TFS ( 68-0407)
F-4E of 497TFS ( 68-0453)
渡辺 明さん撮影の36thTFSのF-4E、1970年代後半 横田基地のOpenには、めったに顔を見せなかったこの飛行隊は、海兵隊岩国基地には、毎年のように展示された。パッケイジ・ポッドには、”PACAF"のインシグニアが書き込まれている。
上のOS-453と違い所属が 36thTFSから497thTFSに変わった同一の機体。シリアルの書き方も”68-0453”ではなく ”80-0453”になっている。
HOME