39th Rescue SQ
HOME
Wings
1993年三沢基地に当時最新鋭のコンバットレスキューHH-60Gペーブホークが配備されたと聞いて三沢の航空祭に出向いた。1992年三沢に配備された第33救難飛行隊である。この部隊 元々日本に縁のある飛行隊で 朝鮮戦争時代に九州の芦屋基地で創設され SA-16アルバトルス飛行艇をもって救難活動を開始したとされている。その後 タイや南ベトナムを拠点に活動し 1992年に三沢に戻ってきた。しかし 1994年に機体を嘉手納の18thWG 33rdRSに移管して 本国に戻ってしまた。
配備当時のHH-60Gは、空軍の迷彩基準に準じ ヨーロッパなどの森林色にあわせたヨーロピアン・スキームを纏っている。
1994年に432nd FWから 35th FWに戦闘航空団の名称が変わった時 39rdRSも 432nd FW と共に三沢を去った。航空自衛隊の救難装備が充実するに伴い 三沢に専門の救難飛行隊を置いている必要性も薄くなってきたのだろう。それより規模の大きく海に囲まれた嘉手納の部隊こそ 救難飛行隊に新鋭機が必要だったのだ。