暖かいフィリピンから 一転して極寒のアラスカ州エルメンドルフ空軍基地(Elmendolf AFB)に本拠地を移した第3戦闘航空団(3rd WG),沖縄嘉手納の18WGと並んで 戦闘機から早期警戒機 輸送機までをそろえたコンポジット航空団として PACAFの2本柱となっている。それまで アラスカと言えば AAC(アラスカ航空軍団)が、長くその防空についていたが1990年8月に解散し 第11空軍が再編され この3rd WGとイールソン空軍基地(Eielson AFB)にある354FWも傘下において アラスカを本拠地に太平洋方面の作戦に当たる形となった。つまり アラスカ単独の防空部隊から環太平洋の作戦部隊に変更して PACAF(太平洋航空軍団)を大幅にグレードアップしたわけである。ちなみに 以前フィリピン クラーク基地を本拠としていた 第13航空軍は、固有の航空機を持たないままグアムのアンダーセンに移動している。
 これらの一連の組織変更は 冷戦後最も紛争の勃発しそうな太平洋方面と中東まで見越して作戦が可能なようにPACAFを拡充し 長距離作戦能力も充実したかったアメリカ空軍の大きな戦略の一環として行われた。3rd WGの戦闘機部隊は、嘉手納の18 WGより充実しており 3個飛行隊を所有している。特に足の長い戦闘爆撃機F-15Eストライクイーグルは、イラク方面にもたびたび駆り出されることから PACAFの行動範囲が如何に広いかが分かると言うものである。
3rd WG
90th FS
19th FS
12th FS
Fighter Squadron of 3rd WG
Elmendolf AFB
Onther Squadron of 3rd WG
第3航空団の起源については、F-4E時代のページでも紹介したので簡単に追記するが、この部隊のインシグニアは、部隊の歴史も現しておりサボテンと黄色いラインは、メキシコと国境に流れるリオグランデ河を表す。また 周りの鉄十字はドイツ帝国を示し 創設時代のメキシコ国境防衛とWW-I時代のドイツとの戦いで防衛の盾となったことを表現したもので ラテン語の”NON SOLUM ARMS”は、Not by arms alone つまり「武器に頼らず」と言う意味だと思う。 
90th FS
90th FSは、PACAF唯一のF-15Eストライクイーグルの部隊で 日本にもたびたび飛来するのでなじみのある飛行隊である。1917年テキサス州のケーリーフィールドで生まれた部隊で その頃使っていたデハビランドDH-4の後部胴体横にサイコロの2と5・・”Pair O' Dice”が書き込まれれた、Mottoは、”Natural" Naturalは、多くの意味があるのでなにを示すか分からない。長い間 爆撃部隊であったため現在F-15Eを使っているのは、この部隊の歴史を踏襲しているかのようである。太平洋戦争中 空母ホーネットからB-25で東京空襲を敢行したジミー・ドーリットルも 若い頃この第90飛行隊に属していた人である。
Original Insignia of 90th BS
962th AACS
517th AS
click here
NEXT
1991年にアラスカの3rd WGに配備されたF-15Eは、PACAF最初の戦闘爆撃部隊として 日本の三沢 嘉手納などの極東前線基地にも訓練で訪れることが多い。上の写真は 珍しく厚木に飛来した4機のF-15Eであるが 面白いのはパッケージポッドをエンジン部分下部にぶら下げていることで 兵装ラックを占有することなくこうした装備を追加することが出来るのもF-15Eの特徴である。写真は逆光気味であるため分かりにくいが 尾翼内側には北斗星と北斗七星が 伝統通り書き込まれている。
HOME