51 FW
(CW)
underconstruction now !
NEW!
OPENED
1970年代まで 韓国烏山に駐留する航空団は 第51混成航空団”51CW”と呼ばれていた。他の航空団が戦術戦闘航空団(TFW)と呼ばれていたにもかかわらず 何故ここだけが”CW”なのか 判らなかったが、一時は戦闘飛行隊は1個(36TFS)しかない小世帯であった為である。那覇から韓国に移動してきたのは1971年 このときは第51空軍基地付属航空団という中途半端な航空団名がつけられていた。1974年9月に19TASS(戦術空軍支援飛行隊)を傘下において この時点から混成航空団と呼ばれるようになった。当時極東で唯一のF-4Eを装備していたので 私にとっては憧れの部隊だった。また19TASSも ダークグレーをまとったOV-10ブロンコを運用 後にまたまたレトロなOA-37を装備するなど航空マニアにとっては、実に美味しい航空団だった。51CWは、その後フィンチップを”青”に染めた497TFSを加えてF-4E 2個飛行隊となり 漸く51TFWに昇格(?)した、1982年1月のことである。
 現在は、F-16C/D装備の第36戦闘飛行隊(36FS)とA-10装備の第25戦闘飛行隊(25FS)、支援飛行隊を含め 第51戦闘航空団(51FW)となっている。
The Period of OV-10 & OA-37
The Period of F-4E
The Period of O/A-10
The Period of F-16
OPENED
HOME