The Period of F-16C/D
Wings
ブラックパンサーをシンボルとする部隊 第35戦闘機中隊も歴史のある飛行隊だ。1917年に創設されすぐに第1次大戦のヨーロッパ戦線に投入された。足掛け2年のフランスでの戦いを終え帰国後 ラングレー空軍基地でP-36を受領 1939年にニューヨークのミッチェルフィールドで P-40戦闘機に転換 1942年に激戦のガダルカナル戦線に再び投入され オーストラリアをベースとして ニューギニア レイテなど P-38ライトニング戦闘機も加えて 124機の撃墜記録を達成。戦後は、福岡の板付基地に駐留した。朝鮮戦争以後に F-100で板付基地に F-105で横田基地に駐留した部隊でもある。F-4Dのページでも紹介したので割愛するが 1981年からF-16Cに転換し 韓国のクンサン基地に駐留している。

2000年11月から 80thFSに先駆けて ブロック-40を受領(ブロック-40をF-16CG/DGと呼ぶようだが 私はあまり使わない)、JDAMの運用をスタートした。200211月の日米共同演習”キースウォード(FTX2002)にブロック-40としての6機のF-16C/Dを初めて派遣している。この時派遣された6機は、WP-003(司令官指定機88-2003)、WP-055,WP-058,WP-515、WP-099、WP-171(F-16D)であった。
部隊のモットーである”First to Fight"は、1953年に朝鮮駐在時に設けられたもので ブラックパンサーの名称もそれ以前から採用されていたようである。 
(89-2003)
35thFSの司令官指定機は、2008年の4月時点でも F-16C ブロック-40の”89-2003”で 8th FWの司令官指定機は、同じくブロック-40”90-0703’となっている。第8戦闘航空団は、2008年8月頃から まずは80thFSを手始めにアラスカのイールソン18thFSのF-16C ブロック40/50との機体の交換が始まったので その後これらの機体も交換されるだろう。
上は、2002年に登場した第8戦闘航空団の航空団指定機”89-2013”で 尾翼のマーキングを大きな狼のリアルデザインに変えたもので 各地で注目を浴びた(狼ではなく シベリアンハスキーでないか・・とか言っている人もいたが・・)。この機体は、9-11テロ事件の報復を象徴する”Let’s Roll"も記入されていた。
(89-2013)
ここで 2枚ほどF-16D(複座型のF-16)を掲載します。各飛行隊には、数機ずつ配備されているが 展示機として航空祭に出されることは少ない。
話は変わるが クンサン基地は、ソウルから南西に240kmの位置にあり韓国のほぼ中央部西側、 ここに配置されたパイロットは、まず真っ先に必ずこの非武装境界線を見学に行くらしく 北側が良く見える”ビッグコヨーテの丘”から 北側が進行してきた場合を想定してイメージを作っておくそうである。まず この基地に配置されるパイロットは最低500時間の飛行時間がなくてはいけないらしく 配置後は、朝鮮半島の地理 朝鮮の歴史なども ”狼”と呼ばれる航空団司令からレクチャーを受け その後バスで非武装境界線まで出向いて 周辺の状況説明などを受けるそうだ。こうしたレクチャーが3週間ほど行われた後 具体的な作戦業務に移行するらしい。
下の写真は、2009年10月18日三沢の公開時に展示された機体、この日は、サンダーバーズの華麗なる演技の影で 存在感の薄い機体となってしまったはずであるが F-16マニアは、シリアルをしっかり記録しているはずである”89-2150”は、昔から35thFS所属であったが あまり展示される機体ではなかった。

35FSは、200011月から LANTIRNポッド装備可能で夜間攻撃力が大幅にアップしたブロック40を受領。20029月からJDAMの運用を開始 PACAFとして最初のJDAM運用部隊となった

HOME
2011年横田公開時に飛来したF-16パイロットのお二人。写真を撮らせてほしいと頼んだら なんと ”コブラ”のポーズでこたえてくれた。彼らは、コブラと言わず「スネーク・ポーズ」と返答した。
Yokota AB in Aug-20-2011