The Period of F-4D

Page-2

クンサン(群山)空軍基地は、1938年に当時の日本軍により建設された基地という、WWⅡ後 在韓米軍が占拠して使用し始めたもの。朝鮮半島の西海岸中央部と言う戦略的にも恵まれた位置である為、米空軍にとっても欠かせない拠点である。第8戦術戦闘航空団(8TFW)が、クンサンに移動したのは1974年9月16日で それまでは3TFWがここを拠点としていた。クンサンでの8TFWは、80TFSと35TFSの2個飛行隊でスタートしたが、在韓米軍の削減の見返りとして1978年に497TFSが追加され 3個飛行隊を擁するまでになった。この497TFSは、元々 ベトナム戦当時は8TFWの傘下に在り 433TFW/555TFWと共に”FG""FP""FY"などFで始まるレターをつけて活躍した飛行隊である。 
1978年の横田基地OHに展示されたF-4D。まだテールレターは白く、機体に描かれた注意書も白いなど、ロービジ化前の基本マーキングで登場した。所属は、35th TFS、チップは、ブルーである。
497TFSに補充として配属されたF-4D、66-7554/66-7591/66-7518の3機 554と591はテールレターがステンシル文字となっている。この2機は、ネリスの474th TFWより移動してきたもので 497th TFWのF-4Dは、多くが474th TFW 429th TFSからの補充を受けたもの。チップは赤色であった。 
Old-Insignia of 80TFS
HOME
NEXT
click here
1978年7月の横田基地OHに展示されたF-4D。初めて背中に LORAN Dアンテナをつけた機体の展示だった。横田では この年に続き1979年/1980年と4年連続で 8th TFWのF-4Dが展示された。
嘉手納を訪れた80th TFW/35th TFSのF-4D。1979年の終わりごろからクロスカントリーが、活発となって横田にもWPのF-4Dが再び飛来し始めたが 77年78年は年に数えるほどしか訪れず 横田ではWPのF-4Dは貴重な存在だった。テールレターは81年ごろから黒になったようだ。
1979年の横田基地にOHに展示されたF-4D。久々の黄色いフィンチップの80th TFSだったが、今までと異なるのはインテークに書かれた噂の”ウルフ・ヘッド”、ダークグリーンのボディに黒で書かれているので見にくいが よく見ると目が赤い狼である。
Old-Pacth of 8TFW
恐らく日本国内で8TFWのF-4Dが最後に展示されたのが、(上の写真)1980年の三沢基地のOHだったろう。この機体フィンチップが”赤”である。つまり497TFSの所属を示しており、497th TFSとしてF-4Dの展示は、元々定数が12機と少なかったせいか、これが最初で最後となった。1980年の8TFWのF-4D展示機は、横田/三沢ともにテールレターを黒に変更した機体であった。467th TFSはその後51st CWに配転されF-4E(OS、ブルー)を受領している。
Wulf's head on the Inteke

↓ 下写真は、何れも1979年に嘉手納経由クンサンで、新しい機体が移動した様子を捉えたもの。