HOME
80FS(TFS) & 35FS(TFS)
The Period of F-4D
8 FW
(TFW)
”群狼”・・統制の取れた群れで行動し、指揮者の司令で獲物を狩る。狼の狩りの戦法を戦術の例えにした先駆けとしては、WWU時代デーニッツ提督率いるドイツのUボート部隊があるが、従来の単独での商船狩から、十隻以上のU-ボートを集団で運用し、大規模な護送船団を群れで襲う”Wolf Pack”戦法は有名である。

 第8戦術戦闘航空団(8TFW)は、”Wolf Pack”の愛称を持つ航空団である。このネーミングに正にふさわしい戦歴を持った部隊であることから、決してこけ脅しではないのだ。8TFWは、ベトナム戦において388TFW、432TRW等と共に 最もMig撃墜の戦果をあげた部隊の1つであリ 1966年から1968年2月までの間で39機を血祭りに上げている。また スマート爆弾を用いて 従来何度爆撃しても落ちなかった北ベトナムのタンホア橋の破壊に成功したことでも知られる。今では 伝説的人物となった当時の8TFW司令ロビン・オルズ大佐はパイロットの補充が少ない為、自らF-4に搭乗し部隊を指揮しMig戦闘機も撃墜している。

こうした歴戦の8TFWは、ベトナム戦争後 タイのウ・ドンより 韓国のクンサンに移動し 現在もクンサンABをベースとしている。私が 写真を始めた頃は、F-4Dを使っており”WP”(ワップと呼んでいた)のファントムと言えば8TFWのことを指していた。”WP”は、もちろん”Wolf Pack”を示し テールレターに部隊ニックネームの頭文字を用いた数少ない航空団の1つであった。(他に”FF””WW”等がある)
Insignia of 80 FS
Insignia of 35 FS
The Period of F-16