A-10's Page
↑357th FSは、1971年のA-7時代からずっとディビスモンサンAFBに常駐する部隊で,スコードロンカラーは黄。機首のパイロットネームタグの頭がドラゴンであるところが面白い。この飛行隊は、1964年にはF-105の部隊として横田にも派遣された事があるが ベトナム戦争中はタイのタクリ基地やコラート基地で北爆に従事したつわものである。F-105時代のテールレターは、”RU"
↑ 354th FSブルドックスのDA-10A、スコードロンカラーは、ブルーである。1971年にA-7を受理 1979年からA-10を使っている。A-7D以前は、357th FS同様F-105の飛行隊であった。
Wings
NEXT
click here
Insignia of 333d FS
Insignia of 354th FS
Insignia of 357th FS
Insignia of 358th FS
HOME
↑ 上の2枚は、共に358th FS”ロボス”のA-10Aである。尾翼のチップラインに黒と白があるのは何故だろう。現在のディビスモンサンAFB A-10トリオの中で最後にA-10Aを受理したしんがりである。上の2つの飛行隊と比べ,創設時を除き戦闘機部隊となったのは1972年にA-10Aを受理した後で それまでは偵察任務を主たる任務とした。その為 WB-29、WB-50,WB-47、RB-57などを使っていた飛行隊で 横田基地にいた1951年から1972年までの間 WB-50 RB-57などで活躍していたので 古いマニアにはなじみがある飛行隊である。