A-10's Page

78-0706

75-0258

ネリスの57thFWWは、戦闘機・攻撃機などの実戦での運用を確立するために。兵器や電子機器も含め実際に使用機を使って実戦に近い運用を行いながら、その検証をする組織である。そのため 機体の迷彩パターンなどもここで実証実感して、その時代、その戦場にあったものを開発、提唱していく役割を負う。実際、ここでA-10Aに施された各種迷彩は、航空専門誌でも何度か取り上げられ、注目されている。我々が、ここを訪れた時は、その後、A-10Aの主流となるヨーロピアン-1と言われる迷彩が施された機体しかいなかったが、このページではその様子をおおどけしたい。

この機体もA-10A 生産9号機という古い機体。

75-0260

↓ 下は、白黒フィルムを40年ぶりに見直してみたところ出てきたA-10Aの飛行シーンであるが、シリアルを見ると興味深いもの、塗装もグレータイプのものも残っていたことが分り、UPしてみる事に。

 1980年のネリスの空を飛ぶA-10A。この時代では最新鋭の攻撃機として 第7戦闘機武器航空団(57th FWW)の所属機として 翼下に様々な兵装をつけて砂漠での実験を繰り返していた。迷彩も現役実戦部隊を先取りする形で グリーンスキームのヨーロピアン-1を全機が纏っていた。
NEXT
click here
HOME

デイビス・モンサンの355th TFWより、57thFWWに移動してきた初期生産のA-10A、私のフィルムに残っていた唯一のグレー迷彩A-10で テールレターが白いという初期のマーキングでもある。

75-0265

この機体は、尾翼のナンバーの末尾が左右共に薄く消されており シリアルが分りにくい。

78-0690?

75-0258

↑ プロトタイプを除いたA-10Aの生産7号機にあたる 75-0258.このような初期の機体も使っていたのだ。

↑ 1980年におけるA-10Aの最新生産号機 78-0700 と 78-0701、出来立てのピカピカを57th FWWに持ってきていた。

Wings