A-10's Page
-W
click here
NEXT
イギリスとヨーロッパ大陸を隔てるドーバー海峡 かってここは、かの有名なバトルオブブリテンが繰り広げられたところであるが このドーバー海峡に面する海岸線に ベントウォータース(RAF Bentwaters)と言う英空軍の航空基地があり 以前は、ソ連に対応するNATOの重要拠点であった。我々日本のマニアには縁遠いものの この基地に3個飛行隊ものA-10が展開していたのだ。第81戦闘航空団(81st TFW)は、1951年からずっとここをベースに活動し 1978年にF-4DからA-10Aを受領し 東ヨーロッパのワルシャワ条約機構軍の機甲部隊に睨みを利かしていたわけである。冷戦終了後 いち早く部隊は解散に追い込まれたが 81st TFWは、約40年間ここをベースに 冷戦に対応していた。
冷戦時代は、よく第3次世界大戦をテーマにした小説が出版されたが こうした小説で必ず出てくるシナリオが 50000台を超えるワルシャワ条約機構軍の戦車部隊による怒涛の進軍である。ソ連の傘下にあった ポーランド チェコスロバキア(当時は1つの国)ルーマニアと言った国は、元々陸軍国であり あまり豊かではなかった為に 金のかかる航空戦力より 安く量を備えられるソ連製の戦車を大量にそろえていた。共産主義政府が 力で国を統治する上でも 機甲部隊に頼った部分もあったのだろうが これが常に西側NATO軍の脅威になっていたわけである。幸いのことに 共産主義政権は次々に崩壊し WWVは、勃発しなかったが もし この戦争が始まったらNATOの武器は、機甲師団の侵入に対応して整備した中距離弾道弾と中性子爆弾 その次に来るのが A-10 F-16を中心とした地上攻撃戦力だっただろう。ベントウォータースは、ドーバーを越えたイギリス本土から 戦車狩りに大陸に向かうには都合のよい位置にあった。
HOME