B-52's Page
U
再び1991年9月1日 横田基地のOHに展示されたのは、前回と同じ93BW所属のB-52Gだった。彼らは、湾岸戦争に参加し 出撃マークを機種に書き込んでいた。湾岸戦争では、F-117やレーザー誘導爆弾等ハイテク兵器が話題の中心になり、マスコミの報道ではB-52の活動が殆ど触れられなかった。 これはアメリカ軍が戦闘機部隊の布陣については詳細を発表したものの B-52と給油機の部隊編成については一切公表しなかった為でもあった。 しかし 砂漠に布陣したイラク軍陣地に対し 圧倒的数量の爆弾を使った絨毯爆撃によるイラク側への心理的効果は 計り知れないものがあったとされる。 
93th BW . 59-2572
(1991)
(1991)
(1991)
(1991)
(1991)
パイロットがつけていた各種のパッチ。左から 328th爆撃飛行隊、B-52の乗員である事を誇示するもの(”SOME ONE OVER 30”は、30回以上の出撃をした機体があることを示すのか?)、そして デザート・ストーム参加を記念するパッチと思われるものである。
B-52Gの全景を撮った写真。横田オープンハウスのこの人の多い中 粘ってこの写真を撮ったフニュフニュ君 あんたはえらい!!
Wings
Wings
Wings
シリアル・ナンバーの下に書き込まれた 出撃回数を示すと思われる”爆弾”のマーク。少しかすれているものの12個ある。1つは、赤で色付けされており 任務の違いを示すものとされる。詳細は不明。
93th BW . 58-0233
1991年三沢基地OHに展示された第93爆撃航空団のB-52、彼らはこれで3度目の国内OH参加となった。三沢でも始めてのB-52展示とあって 1日中人だかりが絶えず またもや機体全景を撮ることが出来なかった。彼らも湾岸戦争に出撃していたらしく 横田に展示された59-2572と同様 出撃マークを機首側面に書き込んでおり 同時に展示されたKC-135は、機首に駱駝のマークで給油回数を書き込んでいた。 各パイロットの表情は、戦地から無事帰った安堵感と任務を遂行した誇りを胸にしていたように思えた。
 湾岸戦争では、この第93爆撃航空団を含み多数の航空団からB-52が参加している。戦時編成として臨時に4300/801/806混成航空団なるものが作られ ディエゴ・ガルシア/サウジアラビア/スペイン/イギリスなどの基地から イラク/クエートに向け出撃したと言われる。 文献によると93BWは、英国のフェアフォードをベースに806BWの傘下で任務をこなしていたようだ。湾岸戦争では開戦前に、B-52の三分の一が失われるだろうとの予測もあったが 戦争43日間での損失は 被弾して海上に着水した1機のみであった。
(1991)
(1991)
(1991)
(1991)
92th BW . 61-0036
1993年7月横田のOHにB-52Hが登場した。厚木に引き続きH型としては、2度目の展示となったが92th BWは、初めてのお目見えである。テール・レターの”FC”はワシントン州フェアチャイルド空軍基地を示しており ACCの所属になって記入されている。機首には ACCのマークも入っており VMAQ-4と同様地元フットボールチーム”シアトル・シーホークス”の海鷹の頭も書かれていた。久々にマーキングで楽しめる機体だった。生憎 朝からシトシトと降る雨で来場者も少なく OHそのものは地味なものであったが、私にとってはB-52Hの全景が撮れたことで 満足な1日となった。
click here
NEXT
HOME
On September 1, 1991, under Air Force reorganization the 92nd Bombardment Wing (Heavy) was redesignated the 92nd Wing, emphasizing it's dual bombing and refueling.  In June 1992 the wing became part of the newly formed Air Combat Command and was redesignaterred to other units and flown to other bases with the last bomber leaving May 25, 1994. The bomber mission of the 92nd had ended after 52 years, giving over to the new refueling mission on July 1, 1994.  On July 1, 1994, the 92nd Bomb Wing was redesignated the 92nd Air Refueling Wing, and Fairchild AFB was transferred from Air Combat Command (ACC) to Air Mobility Command (AMC).
1990年8月から1991年5月にかけ デザート・ストームとデザート・シールドの両作戦に参加、上の英文のスコードロン・ヒストリーにある通り 1994年の任務終了をもって 第92爆撃航空団は、52年間の歴史に幕を閉じ ACCからAMCに転換、KC-135の給油専門部隊となった。