B-52's Page
Wings
前頁に引き続き バーグスデールの空軍予備軍団(AFRC) 第93爆撃飛行隊(93rd BS)のB-52Hを ご覧いただきましょう。AFRCは、平素から80000名近い人員を常に運用し 非常事態時には3倍まで増やすことが可能と言われる。米軍は、空軍だけの予備役部隊で全自衛隊に匹敵する戦力を 時間をかけず動員できると言うのがいかにもアメリカの底力を感じさせる。
久々のノーズアート”CHEROKEE STRIP U” チェロキーストリップとは 元々白人がアメリカ大陸に入る前に カンサス州 オクラホマ州にまたがるインディアンのチェロキー族が支配していた細長い領地のことで ここの地でチェロキー族は国家を形成していたが 長い戦いの結果領地を終われ インディアン居留指定区域に強制移住させられた歴史がある。しかし このノーズアートの意味は その言葉を裸のチェロキー娘にかけているものと思われる。
翼タンに描かれた93rd BSのインシグニア。ノーズアットと共にインディアンに関連が深い。
B-52H (61-0022)
B-52H (60-0045)
(2006)
(2006)
(2006)
彼らが 胸につけている徽章が正に予備役航空団(AFRC)のもの、やはり クルーの平均年齢は、レギュラーユニットよりかなり高いようだ。
HOME
click here
NEXT
- 4
B-52H (61-0029)