B-52's Page
アメリカ空軍の航空機で 日本人に最も名前を知られている機体の一つである。一般的に昔であればB-29 ちょこっと昔ならB-52は、その辺のおばちゃんでも 名前ぐらい知っていた。この2機種は、悪の権化のように言われ続けてきた爆撃機である。もちろんそう言われるにはそれなりの理由もあるが、戦後世代の私にとっては B-29は歴史上の機体であり またB-52からは直接の被害を受けていない為 マニアとしての憧れだけを持っていた。

  ちなみに わたしの両親は、2人ともB-29の爆撃を経験しており 良くその話を聞かされた。
親父は、旧陸軍航空隊でパイロットの卵であった時 各務ヶ原の飛行場を爆撃に来たB-29のじゅうたん爆撃に遭遇している。B-29の編隊から落とされる爆弾を真下から見て 茄子が見る見る大きくなるように見えたそうだ。車の運転席から飛び出し 側溝に飛び込んで運良く助かったが、別の車に乗っていた軍人は降りずに車で現場から退避しようとして亡くなったとの事。 じゅうたん爆撃の真っ只中でも 窪地にいれば直撃弾でも食らわない限り 死なないと言っていた。(もちろん平地の場合) また 母親は大牟田で 工場に学徒動員で向かう途中 北九州方面に向かうB-29の大編隊を眺めていた時だったそうだ。 地上から打ち上げられる緩慢な高射砲の1弾がたまたま1機に命中 きりもみでグチャグチャになって落ちてきたそうだ(普段はめったに高射砲など当らなかったとの事)。 ここまでは万万歳で 周囲の人と共に「やったー」と歓声を上げたそうだが、落とされた方は黙っていなかった!その編隊は北九州に向かう進路を突然変更 ゆっくりU-ターンをして戻ってきたから大変なことになった。撃墜された仲間の仇とばかり大牟田の田舎の工場群をメタメタに爆撃して帰って行ったそうである。多かれ少なかれ戦中を生きてきた人は、B-29に対し特別の思いを持っている。

 話が逸れてしまったが、B-52の方は同じ思いをベトナム人が持っているはずである。日本人はベトナム戦争以降 報道を通じてB-52を知っているだけで 沖縄の方以外実機を見たことのある人は、少ないと思われる。わたしも写真を始めた頃は、その一人であった。嘉手納にいく度 台風非難でグアムからB-52Dが飛来しないかと期待したが、1度もチャンスに恵まれたことはなかった。後日 友人とディビスモンサンAFBを訪れた時、柵の外からエンジンを吹かしている黒塗りのB-52Dを目撃、始めてみるB-52をファインダーに収めようとカメラを取り出したが、友人の強い制止でしぶしぶ諦めた事があった。そこはSACの基地ではなかったが、70年代後半ぐらいまでSACの基地で撮影をしようものなら撃ち殺されても文句は言えないと云われていたので 友人が制止しようとする気持ちも分らない訳ではなかったのだ。しかし それがD型との最初で最後の出会いとなった。80年代末期 冷戦が終わりアンダーセンAFBからもB-52の姿は消えるだろうと言われていて もう日本では見ることも出来ないと諦めかけていた。都度 今年の横田のOHには展示される(かも?)との噂が流れたが 全く期待する事もなかった。ところその噂が突然現実になってしまったので 驚くやら嬉しいやらで・・・・

 しかしながら OHで展示されたB-52の全景写真は、ろくな物が残っていない。何しろデカイのである!デカイから写真に収まらないのではない。どうしても多数の見物人が機体といっしょに写ってしまうのだ。私は軍人など関係者が機体の周りにいるのは、航空機だけの写真より むしろリアリティがあって好きなのだが 見物の方が写っている写真には全く興味がない、というわがままな性格である。しかし 機体だけを撮る事など 状況的に無理なものは無理であり、したがってあまり撮っている写真が無いのが現状である。前置きがすご〜く長くなったが、日本を訪れたB-52G/Hを中心にご紹介したい。(2002/4/16 記)
60th BS/43th BW
ベトナム戦争当時は、グァム島のアンダーセン空軍基地からは、多くののB-52D/Gがハノイなどの爆撃行に向かった。43BWは、1990年初頭まで米本土外の基地を拠点とした最後の爆撃機航空団だった。1989年8月の横田基地OHに突然訪れ航空FANを驚かせたB-52G(58-0178)は、何とノーズアートに日本にもゆかりの深い ダグラス・マッカーサーの顔と彼の退役時の演説の名言をB-52にもじって書き込んであった。

第43爆撃航空団は、B-24から マッハ2を誇るB-58ハスラー爆撃機まで使ってきた重爆撃航空団であったが グアムアンダーセンでの海上警備任務のあとは、長い爆撃任務を解かれ その後は給油専門 そしてノースカロライナ州ホープ空軍基地で輸送航空団に変わっている。現在は、インシグニアの中心にあった爆弾が無くなって 第43輸送航空団のインシグニアとして使われている。
巡航ミサイル搭載の為の改装を受けなかった約70機のB-52Gには、通常爆撃としての能力が強化され 外部に兵装パイロンの各種施工 弾倉内の改装が行われた。 またAGM-84ハープ−ン対艦ミサイル/機雷敷設の運用能力が付加され 元々持っている高い電子戦/索敵能力とあいまって かなり強力な洋上哨戒機として期待された。
Nose-Art ”Old Sodier” 
右翼に機雷/左翼にAGM-84
Crews of 43thBW 
93th BW . 57-6476
Wings
7th BW . 61-0016
 翌年1990年の横田基地OHにも またまたB-52Gが登場してくれた。今度はアメリカ本土の航空団 第93爆撃航空団所属のG型で残念な事にノーズ・アートの類は一切なかった。
 93BWは、カルフォルニア州のほぼ中央にあるキャッスル空軍基地に所属し SACで初めてB-52を受領した部隊として知られていた。
93BWのB-52Gは、フェアチャイルドAFBに拠点を置く92BWのB-52Gと同様 低視認性のダークグレー1色で塗られており 部隊マーク等もロービジ化されている。オープン・ハウスの当日は一般客にCockpitまで公開、 かなり狭いスペースであると感じられた。
COCK-PIT
93BWは、1974年にG型への転換を終えた部隊でH型も所有していた。カルフォルニア州マーチ空軍基地の第15航空軍傘下の3つのBWの1つであったが、後に国防予算の縮小により解隊され キャッスル自体も基地閉鎖された。
↓ 唯一全景が撮影で来たのは、午後に訪れた激しいスコールのお陰である。
観客が一斉に退避し 思わぬチャンスとなった。但し 写真としては殆ど全景が判るだけの証拠写真だ。
ボーイング707とほぼ同型のJ-57-P-43WBエンジン8基を主翼につけたB-52Gは、右翼端から左翼端まで56メートルもあり 相当距離をとらないと全景の撮影は難しい。コクピットからの視界は、高翼のためかなり良かった。
B-52がOHに飛来したのは、横田だけではなかった。なんと海軍の基地である厚木基地にも1991年のOHに展示されたから驚いた。しかも 当時最新のH型である。テキサス州カッズウェル空軍基地の第7爆撃航空団所属のB-52Hで、この部隊がH型を受領したのは1982年、巡航ミサイルの搭載が可能な改修を受けている。
click here
NEXT
Pacth "MORS AB ALTO"
Pacth "Buccaneers"
機首のマーキングの中に”Vietnam Veterans of America”の文字と旧南ベトナム政府の国旗をデザインしたものがある。機体の事かCrewにまつわる事かは不明。テキサス州の地図の中にメンテナンスクルーの名前がt書かれていた。
尾部のM-61バルカン砲 上の二つの膨らみは、左右を監視する火器管制用レーダー。
Wings
Wings
(1990)
(1990)
(1990)
(1991)
(1991)
(1989)
(1989)
(1989)
(1989)
HOME
The post-Vietnam period brought a return to routine operations at Andersen, with the base remaining a vital overseas platform for carrying Strategic Air Command痴 global-deterrence mission. In October 1988, the host 43rd Bombardment Wing traded its nuclear-deterrent role for a conventional mission. One year later, the bomb wing began redeploying to stateside bases, and Andersen transitioned from SAC to Pacific Air Forces with the activation of the 633rd Air Base Wing. The 43rd BW was officially inactivated Sept. 30, 1990. 43rd Bombardment Wing, Andersen Air Force Base, Guam, were first tasked to perform the Harpoon mission..