C-130 Hercles
Page-2
1978年から1979年にかけて 空軍機のロービジ塗装は、本格的に行われるようになり MAC(輸送航空団)のC-130も黄色いラインやカラーのインシグニアが機体から消されていった。横田のランウェイに並ぶC-130E3機も 機首の機番が白い以外は、すべて黒になってしまったが この後は、下面のライトグレーも無くなり ヨーロピアン-1と呼ばれるグレーン系の暗い迷彩に統一される。
1978年以降 344TASの所属がどのように変遷していったか 私は良くわからないのですが 横田に1966年に設立された610MASS(兵站輸送支援中隊)が 1978年に第316戦術輸送大隊(316th TAG)に改変されたのを機に 316TAGの傘下に置かれたものと思っている。610MASSは、”Military Airlift Support Squadron” で 固有の航空機を持った部隊でなく 兵站や航空機のメンテナンスなど後方支援を目的に作られた部隊らしい。609MASSは立川 603MASSは嘉手納、611MASSはオーサンと言う具合に各地に存在した。これが 1978年にTAGに改編されたものと理解している。
310MASS
下面までグリーン系の迷彩となり 機首に”316th TAG”の文字が入ったC-130E。
(63-7811)
HOME